Apple ProRAWの使い方、iPhoneからRAWファイルをMacに転送する方法

写真の生データが扱えるように!自分好みの編集、プリセットの適用などが可能に

Apple ProRAW on iPhone12Pro

iPhone 12 Proシリーズは、iOS 14.3からApple ProRAWをサポートした。従来はJPEG(HEIF)ファイルで撮影されていた写真が一眼カメラと同じように生データを保存でき、劣化せずに事後編集が可能になった。

本記事ではApple ProRAWの使い方を解説する。

Apple ProRAWとは

Apple ProRAW

Apple ProRAWは、撮影後の写真をRAWファイルとして扱うことができ、ハイライト、トーンマッピング、ホワイトバランス、シャープネスなどを編集できる機能だ。12bitのリニアDNGフォーマットを使用する。

ファイル容量は1枚約25MB。通常保存されるJPGファイルは多くても1〜2MB程度。十数倍ものデータ容量を使用するため、ストレージ容量が少ないモデルは空き容量に注意が必要だ。

Apple ProRAWをサポートするモデルは、iPhone 12 ProおよびiPhone 12 Pro MaxiPhone 12 miniおよびiPhone 12は利用できない。

Apple ProRAWは、広角、超広角、望遠、内向きカメラの4種類すべてで利用できるが、有効化されるのは「写真」のみ。ポートレートモードやパノラマ、各種動画撮影モードでは利用できない。

ナイトモードで撮影した写真は、ProRAWで撮影できる。ディテールが劣化しがちな夜景撮影なども、事後編集で見た景色を再現できる可能性がある。

Apple ProRAWを有効化する方法、MacにRAWファイルを転送する方法

Apple ProRAWは、デフォルトで無効化されている。有効化は設定アプリの「カメラ」から「フォーマット」を選択し、「Apple ProRAW」を選択する。

Apple ProRAW settings 01

撮影する写真をApple ProRAWで撮影するかどうかは、カメラ上に出現する「RAW」ボタンのタップでオン・オフを切り替えられる。

Apple ProRAW On and Off

MacでApple ProRAWを扱うためには、iPhoneから撮影した写真をAirDropする必要がある。写真アプリの書き出しツールにはTIFF、PNG、JPEGの3種類のみとなっており、Apple ProRAWは抽出できない。

Apple ProRAW Exporting and Importing 01

次ページ
Apple ProRAWファイルを現像、その実力は
関連キーワード
公開情報
更新日2020年12月16日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:592664)

    Lightroomやcamera RAWではディープフュージョンなどの扱いってどうなってるんでしょうか。RAWだからやっぱりそこら辺はま まっさらになってしまうのかな…

  2. 通りすがりの読者(コメントID:592662)

    camera rawってなんだろうと思い検索しました。Adobe系の現像ソフトなんですね。
    個人的にはゴリミーさんによるcamera rawソフトの解説だったり、実際の使用感だったりの記事が見たいです!

「iPhoneの使い方・設定」新着記事
トレンド検索