iPhone 13の画面修理、Apple公式/公認業者を利用するべき理由

サードパーティ業者を利用するとFace IDが有効化できなくなる模様

3rd party reparir breaks faceid

Phone Repair Guruよりキャプチャ

iPhone 13シリーズのディスプレイを修理する場合、Apple StoreまたはApple公認サービスプロバイダを利用したほうが良い。YouTubeチャンネル「Phone Repair Guru」によると、サードパーティ業者で修理を行うとFace IDが利用不可になるという。

マイクロフォン、環境光センサー、近接センサーなどの交換は問題ない。しかしディスプレイを交換後、Face IDを設定すると「Apple純正ディスプレイを搭載していることを認証できません」と表示され、顔を登録できない。


画面割れの心配がある人は、AppleCare+への加入を

iPhone 13シリーズで画面を割った場合、保証対象外の修理代金は以下のとおり。

AppleCare+に加入していれば、AppleCare+代金を除いて税込3,700円で修理できる。iPhoneを頻繁に落とす人、同じiPhoneを2年以上使い続ける人、ケースや保護ガラスをつけたくない人は、加入をおすすめする。なおAppleCare+への加入は端末の購入時、または購入から30日以内に限定される。

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhone 13」新着記事
トレンド検索