Disney+、米国で値上げ。広告付きプランを12月8日に提供開始

通常プランは7.99ドル→10.99ドルに大幅値上げ。国内では影響なし

Disney Plus Top 01

Disney+が、月額7.99ドルで広告付きプランを12月8日より提供開始すると発表した。現在提供しているプランは月額10.99ドルに改定。2019年のサービスローンチ以来、最大の値上げとなっている。新価格は、広告付きプランの提供開始と同時に反映される。

国内価格への影響は、記事執筆時点では確認されていない。月額990円または年額9,900円で利用できる。

我が家もDisney+を契約している。ディズニー・テレビジョン・スタジオや20世紀スタジオなどディズニーが誇るトップスタジオが制作したドラマや映画、日本やアジアを含めた世界中のスタジオが制作するサービス限定のオリジナル先品などが視聴できる。子ども専用プロフィールの作成など、ペアレンタルコントロール機能も用意されている。

娘たちのお気に入り作品は『パグ・パグ・アドベンチャー』『ちいさなプリンセス ソフィア』『おしゃれにナンシー・クランシー』。『ミッキーマウス クラブハウス』などミッキーと仲間たちの作品も見ながらゲラゲラ笑っている。

関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「テクノロジー」新着記事
トレンド検索