Netflix、月額790円「広告つきベーシック」プランを11月より提供へ

画質は最大720p HD、当面は15秒または30秒の広告が作品の再生前と再生中に表示される

Netflix from 790yen 01

Netflixは10月14日、月額790円(税込み)の新料金プラン「広告つきベーシック」発表した。日本では11月4日(金)午前1時より提供開始する。従来より提供されている「ベーシック」(990円)、「スタンダード」(1,490円)、「プレミアム」(1,980円)の料金プランに加わる形だ。

利用できるサービス内容は、ベーシックと基本的に同じ。最大720p HDの画質1時間に平均4〜5分の広告を表示、作品のダウンロード非対応となっており、ライセンス上の理由により一部の映画や番組を再生できない場合があるという。

最大の違いは、広告の配信だろう。当面は15秒または30秒の広告が作品の再生前と再生中に表示される。

なお広告つきベーシックの提供に伴い、ベーシックプランの画質が720p HDに変更される

Netflixが広告付きプランを提供する背景は2つあるとされている。1つ目は、有料会員の減少。2022年度の第1四半期、第2四半期はいずれも会員数が数十万人規模で減っている。2つ目は、パスワードの共有。Netflixを契約する世帯は2億2,000万以上とされているが、パスワードの共有で1億世帯以上が”タダ乗り”していると推定されている。

もっと読む

11本の記事を表示する

関連キーワード
公開情報
更新日2022年10月14日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「テクノロジー」新着記事
トレンド検索