テスラ、全自動運転機能の紹介動画を公開ーー出発から駐車までノータッチ

Dropping off driver tesla
テスラが今後すべての車種に搭載されることを明らかにした全自動運転機能を紹介する動画を公開している。

この動画はハッキリ言って衝撃的だ。自宅のガレージから職場までハンドルどころかアクセルもブレーキも一切触れずに無事到着。職場のエントランスで運転手席にいた運転しているはずの運転手を降ろして車が勝手に自ら駐車スペースを探し、縦列駐車をキメる姿には思わず声が出てしまう!

標識も認識、車の呼び出しもスマホからワンタップ

アメリカでの撮影なので当然左ハンドル・右車線通行となっていて、映像を見始めると若干の違和感を感じるかもしれないが、見慣れると即座にこの全自動運転機能の凄さに見入ってしまうはず。

停止線ではしっかりと止まり、複数斜線のある道路ではスムーズに車線変更を行う。目の前を横切る人が突然出現してもしっかりとそれを認知し、停車する。標識も認識するようで、駐車できそうなスペースがあっても駐車禁止エリアと書かれている場合はスルーする。

Parking Tesla
映像では縦列駐車を終えて終わるが、テスラのCEO Elon Musk氏によると、止めた車を呼び出すにはアプリからワンタップですぐに呼び戻すことができるという。それも、全自動運転機能のお陰で自分がその時どこに居ようと、その場所まで勝手に運転して迎えに来てくれるらしい。


未来だ、完全に未来だ。以下どうぞご覧あれ!



まだまだ実世界で一般的に普及するためには様々なハードルがあるようだが、全自動運転機能搭載の自動車が公道を走っているのを目にする日はそう遠くないだろう。僕らが当たり前のように無人タクシーを利用する日はもう目の前に来ているのかもしれない。

(via The Verge

あわせて読みたい
もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法