「東芝グラス」も気になるが、「東芝グラス」を掛けているお姉さんも気になる【CEATEC2014】

東芝グラスのプロトタイプ

「CEATEC 2014」では「東芝グラス」のプロトタイプが展示されていた。

「東芝グラス」は東芝の社長直属の「新規事業開発部」が中心となって動いているプロジェクト。長蛇の列ができていたことから実際に試すことはできなかったが、実物を目の前で見させてもらうことはできたので、写真と共に紹介する!

右側のフレームに超小型プロジェクターを搭載

「東芝グラス」はぱっと見、普通のメガネ。右側のフレームに超小型プロジェクターを搭載していることから、右側のレンズに投影するような仕組みだ。表示されるディスプレイはカラーに対応とのこと。
東芝グラスのプロトタイプ

東芝グラスのプロトタイプ

東芝グラスのプロトタイプ

用意されている「東芝グラス」は1種類だけではなく、カジュアルタイプやスポーツタイプなど複数種類用意されていた。メガネならではの付け心地の良さやデザイン性にこだわったと説明員は語っていた。
東芝グラスのプロトタイプ

まだプロジェクター部分が大きく、普段身につけているには違和感を感じるが、美女が身につけているとそんなことはどうでも良くなることがよく分かった。
東芝グラスのプロトタイプ

現在はプロトタイプとなっているが、実際に体験した人がブースから出てくる様子を見ていると満足度が高かったようだ。気になる人は並ぶ覚悟で東芝のブースに足を運んでみるべし!

「CEATEC 2014」に関する他の記事もチェック!

もっと読むCEATEC 2014まとめ
FOLLOW / 最新情報を購読