学生みんなが特待生。

3Mのフィルムを使用したwraplus製スキンシール、剥がしても粘着ノリは残らないことを確認

Wraplus Skin Sticker 3M

僕は15インチ型「MacBook Pro Retina」にも12インチ型MacBookにもwraplusのスキンシールを貼っている。Mac本体が格好良くなるのはもちろんのこと、カバンの中に放り込んでもシールを貼っているので直接傷つかないというメリットがある。

ただ、これを紹介した時に非常に気になるコメントを頂いた。

wraplus さんのアマゾンページには、
【スキンシール素材は「3M ダイノック フィルム」を採用。耐久性に優れ、貼り直しも可能で、剥がす際にもノリが残りません。】と記載がございますが、心配になり、3M さんに確認した所、強粘着の為、糊残りはありますとの回答でしたが・・・

貼ってしまった以上、取り外すことはできなかったので当時確認することができなかったのだが、先日、12インチ型MacBookに貼り付ける際に少し失敗してしまい、一度失敗したフィルムを外して再度取り付けるという作業を行った際に上記コメントを検証したので、その結果を紹介する!

粘着ノリを一切残さず綺麗さっぱり取ることができた

僕が失敗した状態でシールを取り付けていた期間は2週間弱。Appleロゴ周りがボコボコしてしまい、最初は見過ごそうとしていたのだが使えば使うほど気になってしまい、再購入することに。

取り外した状態が以下。糊の跡は一切残さずに綺麗に剥がすことができた。Appleロゴが汚れているのは僕がスキンシールを剥がす際に散々触れていたのにも関わらず拭かずに写真を撮ってしまったから。申し訳ない。
Wraplus Skin Sticker 3M

ただし取り外す際には想像以上に力を必要とするため、ディスプレイが開かないようにしっかりと抑えた状態で少しずつ剥がすことをオススメする!
Wraplus Skin Sticker 3M

めでたく粘着ノリが残らないことが確認できたとはいえ、そもそも取り付けを失敗しなければ無駄に買い足す必要もなく、剥がす必要もなかったはず。wraplusのスキンシールを購入し取り付ける際は下記動画を参考に取り付けるべし!

詳しいレビューは下記からどうぞ!

【レビュー】wraplusのスキンシールを15インチ型「MacBook Pro Retina」に貼ったら格好良すぎて惚れ直した