当メディアのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています

Anker、”無難に全部できる”9ポートUSB-Cハブを発売

「Anker 552 USB-C ハブ (9-in-1, 4K HDMI) 」、販売開始

Anker 552 usbc hub

Ankerは3月29日、9つのポートが1つになったスリム設計のUSB-Cハブ「Anker 552 USB-C ハブ (9-in-1, 4K HDMI) 」を販売開始した。最大100W入力が可能なUSB-Cポート、4K@30Hz対応のHDMIポート、データ転送用USB 3.2 Gen1対応のUSB-CポートとUSB-Aポート、データ転送用USB 2.0対応USB-Aポート、イーサネットポート、microSD&SDカードスロットなどが利用できる。

搭載ポートの詳細は以下のとおり。

Anker 552 usb hub specs 1

  • 1 × USB PD対応USB-C ポート (最大入力100W) ※データ転送や映像出力に非対応
  • 1 × データ転送用USB-C 3.2 Gen1 ポート(最大5Gbps) ※充電や映像出力に非対応
  • 1 × データ転送用USB-A 3.2 Gen1 ポート(最大5Gbps) ※充電や映像出力に非対応
  • 2 × データ転送用USB-A 2.0 ポート(最大480Mbps) ※充電や映像出力に非対応
  • 1 × 最大4K (30Hz) 対応HDMIポート
  • 1 × イーサネットポート (最大1Gbps)
  • 1 × SDカードスロット(最大104MB/s)
  • 1 × microSDカードスロット(最大104MB/s)

USB-Cハブとしては際立った強みのある製品ではなく、一般的に必要なポートを概ね揃える”無難にすべてを卒なくこなせる子”だ。

ディスプレイ出力用のポートは最大4Kまで対応するが、リフレッシュレートは30Hz止まり。SDカードスロットは最大104MB/s仕様。USB-CポートはあくまでもGen1となっており、最大転送速度は5Gbpsだ。

いわゆるハイエンド製品ではないが、イーサーネットポートもあり、もしもの時に役立つUSB-Aポートも備わっている。「とりあえずUSB-Cハブを持っておきたい」という人にとって丁度良い製品ではないだろうか。

もっと読む

12本の記事を表示する
公開情報
更新日2023年04月01日
執筆者g.O.R.i
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「Mac用USB-Cアクセサリ」新着記事
トレンド検索