だって動いた方が楽しいじゃん!Macの壁紙をスクリーンセーバーにすることができる「Wallsaver」

wallsaver

デスクトップの壁紙は所有者の趣味や個性を表現していることが多い。そのため、他人と被らないように自分らしい壁紙を探す人も少なくない。

今回紹介するMac用アプリケーション「Wallsaver」は個性を発揮したい人にオススメ!なんと、スクリーンセーバーを壁紙にすることができるのだ!


下記ページにあるダウンロードリンクからアプリケーションをダウンロード。
Wallsaver

インストールして起動するとこのような画面が表示されるので、「Activate」をクリックすれば指定したスクリーンセーバーが壁紙として動き出す。
wallsaver

壁紙の指定は「Preferences」タブから可能。
wallsaver

他にもTerminalから既に設定してるスクリーンセーバーを壁紙として表示する方法もあるが、普段Terminalを使わない人は「Wallsaver」を使った方が良さそうだ。

Cult Of Macは以下のビデオで両方とも取り上げているので、興味ある人はこちらもどうぞ!

(via Cult Of Mac

タグ#壁紙
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macアプリの使い方・設定」新着記事
トレンド検索