Mac所有者の不思議な法則

僕は結構明らかにMacやApple製品を贔屓しているのを自覚している。ただ僕はまだMac歴も実質一年半。世の中にはWindowsを触ったことがない人もいるくらいMac一筋でこよなくMacを愛して生きてきた人も多数いるだろう。そのようなハードMac愛好家に関する興味深い調査を見かけたので紹介しておく。

http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20401142,00.htm?ref=rss

・Macを所有する世帯の約85%は、少なくとも1台のWindowsベースのPCも所有している。

・全体的に見ると、Mac所有者は非Mac所有者と比べて、より多くのコンピュータや電子機器を持っている傾向がある。Apple製マシンを所有する世帯の3分の2は、3台以上のコンピュータを持っている。Windowsのみを所有する世帯の場合、この割合は29%だ。

・Mac所有世帯は非Mac所有世帯と比べて、「iPod」やGPSシステムなどのガジェットも、2倍多く持っている傾向がある。

全体的に見ると、Mac所有者は非Mac所有者と比べて、より多くのコンピュータや電子機器を持っている傾向がある。

に関しては同意せざるを得ない。僕は自分の部屋の中にデスクトップが一台(元サーバー、かなり古い)、Thinkpad T60、Thinkpad X40、MacBook Pro 15in.、MacBook Pro13in.がある。iPod もシャッフルとミニを持っている。そして当然だがThinkpadはWindows機である。

これらのうち未だにX40とMBP13とMBP15は現役で動いている。特にMBP15は現在自宅内ファイルサーバーとなっており、非常に便利である。

それにしても、確かにMacユーザーはガジェット好きなのかもしれない。僕のMacユーザーの友人を思い浮かべてもその通りだ。不思議だなあ。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Mac」新着記事
トレンド検索