有機ELディスプレイ搭載MacBook、早ければ2025年登場か

「有機ELディスプレイを搭載した11インチ/12.9インチiPad Proが2024年に発表できるか次第」

Yu hai ykI7BeSWgMo unsplash

有機ELディスプレイを搭載したMacBookは、早ければ2025年に登場する可能性がある。Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏によると、有機ELディスプレイを搭載した11インチ/12.9インチiPad Proが2024年に発表できるか次第だという。

14インチと16インチのMacBook Pro(2021)は、ミニLEDバックライトディスプレイに採用。1,000,000:1コントラスト比、最大1,000ニトの持続輝度、1,600ニトのピーク輝度を実現している。

Ming-Chi Kuo氏は2022年に有機ELを搭載したiPad Airの登場を予測していたが、品質とコストの懸念により断念したと指摘。iPad Air(第5世代)は従来どおり液晶ディスプレイを採用している。

韓国業界紙・THE ELECは昨年10月、iPad Pro向けに2種類のLTPOパネルが開発中であると報じていた。

iPad Proは2022年後半に、新モデルが発表される見通し。2018年モデル以来となる新デザインが噂されており、筐体素材の変更やワイヤレス充電の対応が期待されている。

公開情報
更新日2022年03月18日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索