Intelの第6世代Coreプロセッサ「Skylake」の性能が明らかに!GPU性能・電池持ちが改善

Skylake specs

OS X El Capitan」ではグラフィック性能や電池持ちに関する改良が行われていることが明らかになっている。ソフトウェアだけではなく、ハードウェアとしても同分野における改良が見られるのであれば、まさに鬼に金棒だ!

次期Macに搭載されると予想されるIntel製のCoreプロセッサ「Skylake」の性能FanlessTechが公開していたので、紹介する!

「Skylake」プロセッサの各シリーズの性能まとめ

冒頭の画像は現行のプロセッサ「Broadwell」と比較した時の性能が書かれたもの。搭載されるデバイスによって採用されるシリーズが異なるので、以下にその内容を加えてまとめておく!

シリーズ名 搭載予定のMac CPU性能 グラフィック性能 その他
Yシリーズ MacBook 17%向上 41%向上 電池持ち1.4時間増
Uシリーズ MacBook Air 10%向上 34%向上 電池持ち1.4時間増
Hシリーズ MacBook Pro 11%向上 16%向上 80%低いシリコンパワー
Sシリーズ iMac 11%向上 28%向上 熱設計電力が22%減

今年3月に発表された11/13インチ型「MacBook Air」13インチ型「MacBook Pro Retina」は最新の「Broadwell」プロセッサを搭載しているが、僕が購入した15インチ型「MacBook Pro Retina」はなぜか未だにその1世代前の「Haswell」プロセッサを採用。

次期Macは新しくなった「Skylake」プロセッサを採用するものと思われるが、年内に新モデルは登場するのだろうか。13インチ以下のモデルは可能性がありそうだが、15インチモデルは2016年に持ち越されそうな予感。


(via MacRumors

FOLLOW / 最新情報を購読