Mac App Store以外のサードパーティ製Mac用アプリケーションをインストールできるようにする方法

Mac App Store

自分が撮った写真は昔も今もFlickr!Flickr大好きg.O.R.i(@planetofgori)デス!

先日、会社の総会で撮影した写真を後輩に共有するためにFotobounceを使ってFlickrから写真を一括ダウンロードしようとしたところ、そもそもアプリがインストールできないと言われてしまった。

調べてみたところ、OS X Mountain Lionから導入されたセキュリティシステム「Gatekeeper」によってデフォルト状態では「Mac App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」に設定されていた。

この設定を変更する方法を紹介する!!

「すべてのアプリケーションを許可」して自由にアプリをインストールしよう!

「システム環境設定」の中にある「セキュリティとプライバシー」をクリック。
Mac App Store

実行許可を変更するためにはまずは鍵を解除する必要がある。鍵をクリックしてロックを解除する。
Mac App Store

「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」というコーナーがあるので、一番下のラジオボタン「すべてのアプリケーションを許可」を選択!
Mac App Store

これで自由にアプリケーションをインストールすることができるようになる!当然、その分セキュリティレベルは下がるので、不安な人は一度解除して入れたアプリケーションを入れたらすぐ設定を戻しておくのもいいかもしれないね!

(via Blog!NOBON

あわせて読みたい