M2 MacBook Airをカスタムすると14インチMacBook Proに近づく。携帯性と処理性能、どっちを取るか

M2 MacBook Airで16GBメモリ/512GBストレージを選択すると、14インチMacBook Proが射程範囲内に……

14inch MacBookPro Hands On First Impressions 10

M2 MacBook Air素晴らしいマシーンだが、256GBモデルはSSDが遅いため、ガツガツ作業するのであれば512GB以上を選んだほうが良いだろう。軽いタスクを行う分にはメモリ8GBで足りるが、画像処理や映像制作などを行うのであれば16GBへのアップグレードが好ましい。

メモリとストレージをカスタマイズしたM2 MacBook Airは236,800円。M1 Proチップを搭載した14インチMacBook Proのベースモデル(M1 Proチップ/16GBメモリ/512GBストレージ)と38,000円差まで迫る

M2MBA CTO vs 14MBP BaseModel
Apple公式サイトよりキャプチャ

M2 MacBook Airをカスタマイズしたモデルを購入するより、14インチMacBook Proのベースモデルを購入したほうが費用対効果が高いのではないか。

3.8万円の差額を払って”アップグレード”するべきか否か

38,000円の差額で得られる性能差は、以下のとおり。優れたディスプレイ、より高速なメモリ、処理性能の高いCPUとGPU、より多くの外部ポート、より優れたスピーカーシステムが手に入る。

14インチMacBook Pro M2 MacBook Air
14.2インチミニLEDディスプレイ 13.6インチ液晶ディスプレイ
3,024 x 1,964ピクセル
254ppi
2,560 x 1,664ピクセル
224ppi
1,000ニトの持続輝度(フルスクリーン)
1,600ニトのピーク輝度(HDRコンテンツのみ)
500ニトの輝度
最大120Hz(ProMotion)
200GB/sのメモリ帯域幅 100GB/sのメモリ帯域幅
8コアCPU/14コアGPU 8コアCPU/10コアGPU
3つのThunderbolt 4ポート(左に2つ、右に1つ) 2つのThunderbolt 3ポート(左に2つ)
SDカードスロット
HDMIポート
6スピーカーサウンドシステム 4スピーカーサウンドシステム
最大2枚までの外部ディスプレイ出力 最大1枚までの外部ディスプレイ出力

一般的に「負荷の高い作業をするならMacBook Pro、軽い作業がメインならMacBook Air」と言われているが、Appleシリコン時代のMacは必ずしもそうとは言えない。動画編集を生業としている国内外の一部YouTuberも、機動力と十分なパフォーマンスを理由に、M2 MacBook Airに乗り換えている。

M2 MacBook Airは、高負荷処理の維持を苦手とする。写真の現像や動画の編集は問題ないが、7分以上かかる書き出し作業は苦戦する。冷却ファンを内蔵し、高性能コア数が多い14インチMacBook Proのほうが向いている作業内容だ。

外部ディスプレイとの接続性や相性も優れている。M2 MacBook Airは、一般的な縦横比率を持つ4K、5K、6Kディスプレイの出力は問題ないが、ウルトラワイドモニターとの相性は問題あり。2枚以上の出力も、システム仕様上は非対応だ。

一方でM2 MacBook Airは、本体の薄さと軽さ、携帯性の良さ、圧倒的な電池持ちが強みだ。M1チップと比べてCPU性能が18%高速化、GPU性能が35%高速化、ニューラルエンジン性能が40%高速化したM2チップにくわえ、16GBのメモリと512GBのストレージがあれば、マルチタスクも快適にこなせる。1.24kgの軽さは、持ち運ぶ機会が多い人の味方。1.13cmの薄さは、マチが少ないバッグでも収まりが良い。

14inch macbook pro after using m2 macbook air 05
M2 MacBook Airの薄さが際立つ

14インチMacBook Pro、M2 MacBook Airと同額で購入可能

16GBメモリと512GBストレージのM2 MacBook Airと14インチMacBook Proのベースモデルの差額は38,000円。しかしApple公式の整備済み商品であれば、M2 MacBook Airと同じ236,800円で購入できる。

れふrびしぇd mbp m1pro cto
記事執筆時点で在庫あり

そここそこの処理性能と優れた電池持ちを持つM2 MacBook Airか、優れた処理性能とそこそこの電池持ちを持つ14インチMacBook Proか。薄くて軽いM2 MacBook Airか、左右にThunderbolt 4ポートがありSDカードスロットやHDMIポートがある14インチMacBook Proか。どちらを選ぶべきかは、何を優先するかで決まるだろう。

特集
公開情報
更新日2022年08月21日
コメント(3件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:640744)

    性能と金額の差がすぐ分かる、いい記事ですね!

  2. g.O.R.i(コメントID:635588)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:635577)
    M1のAirで、たまに映像の編集とかにも使いますがこれで充分と思ってて、よほどのハードワークを想定してない限りはProの検討は必要ない印象です。余談で、この記事を拝見した後にApple StoreアプリでProも確認しましたが、ローズゴールド使ってる側からするとグレー系の2色のみは寂しい感じがしました。

    そう思います!書き出ししながら他の作業を並行してやりたい、やらないといけないことがある、という人はProなんでしょうけど、個々の作業を行うぐらいではAirでも十分すぎますね。ちなみに今134枚ほどの写真を書き出ししながらこのコメントを14インチMacBook Proで打ってますが、普通に文字の入力がちょこちょこ遅れますねw MacBook Proでもこうなので、これを防ぐということであればM1 Maxとかの域になりますし、一気に予算が……!

    確かにProのカラバリ不足は寂しいですね。まあそういうのよりも本体の性能を重視する人たちという想定、ということですかねぇ。

  3. 通りすがりの読者(コメントID:635577)

    M1のAirで、たまに映像の編集とかにも使いますがこれで充分と思ってて、よほどのハードワークを想定してない限りはProの検討は必要ない印象です。余談で、この記事を拝見した後にApple StoreアプリでProも確認しましたが、ローズゴールド使ってる側からするとグレー系の2色のみは寂しい感じがしました。

「MacBook Air」新着記事
トレンド検索