macOS High Sierra、32bitのMacアプリ起動時に互換性に関する警告が表示されるように

App is not customized for your mac

「macOS High Sierra」は32bitアプリをサポートする最後のmacOSである。

Appleはサポートドキュメントを通じ、「macOS High Sierra」で32bitのMacアプリ起動時に互換性に関する警告が表示されるようになったことを通達した。

macOSも将来的に32bitアプリのサポートを完全終了へ

Appleは既に2018年1月以降、新規アプリを申請する場合は64bit対応を必須としている。2018年6月以降、Mac App Store上の全てのアプリおよびアップデートは64bitが必須になる。

サポートドキュメントによると、今後32bitアプリを起動した場合、一度限りで「(アプリ名) is not optimized for your Mac」と書かれたエラーメッセージが表示されるようになるとのこと。

もちろん、「macOS High Sierra」は32bitをサポートしているのでOSをアップグレードしない限り、警告が表示されるMacアプリは起動し続けることができるが、今夏に発表され今秋に正式リリースされるであろう次期macOSバージョンでは起動できなくなる可能性がある。

iOS 11」では32bitアプリのサポートを終了。常用アプリが64bit対応していないことからアップグレードを見送るユーザーも少なくなかった。

自分の使用しているMacアプリが32bitなのか64bitなのかを調べるには「自分の使っているMacアプリが64bitに対応しているか確認する方法」を参考にどうぞ!

(via MacRumors