「OS X Mavericks」からアプリケーションをバックグラウンドで自動的にアップデートすることが可能に!

OS X Mavericks:App Automatic Background Updates
iOS 7」からインストールしているアプリにアップデートが配布されている場合、バックグラウンドで自動的にアップデートすることが可能となった。

OS X Mavericks」でも同様の機能が提供されている。アップデートがあるアプリを自動的に更新することができる他、複数のMacを持っている場合は他のMacでインストールしたアプリを別のMacに自動的にインストールすることができるようになった!

「システム環境設定」の「App Store」から設定変更!

これらの設定は「OS X Mavericks」から新たに追加された「App Store」という項目から変更することができる。
OS X Mavericks:App Automatic Background Updates
1つ目にある「Automatically check for updates」にチェックが入っている場合、アプリにアップデートが配布されているとバックグラウンドで自動的にアプリを更新してくれるという項目。2つ目にある「Automatically download apps purchased on other Macs」にチェックを入れると明記されたiTunesアカウントと紐付いた別のMacでダウロードされたアプリが自動的にインストールされる。
OS X Mavericks:App Automatic Background Updates
これはかなり便利であることは間違いないが、自動的にバックグラウンドでアップデートを実施することによって電池はそれなりに消耗するはず!バッテリーに神経質な人は無意味にチェックを入れないほうがいいかもしれないね!

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!