新しい「iCloud for Windows」はPCの空き容量を圧迫せずにファイルにアクセス可能に

ファイルエクスプローラーから任意のファイルを共有し、他人と共同編集が可能に

Icloud for windows

MicrosoftとAppleは現地時間6月11日、「iCloud for Windows」の最新バージョンをMicrosoft Storeにてリリースした。対応OSは「Windows 10」以上。

従来バージョンと同様にiCloud上に保存されているファイルおよび各種サービス(写真、ビデオ、連絡先、カレンダー、リマインダー、Safariのブックマーク)にアクセス可能。変わったのは、「OneDrive」で利用しているファイルオンデマンド機能を支えるMicrosoftの技術が導入されていること。

これによって、以下のメリットが受けられる。

  • iCloudドライブのファイルをPCの空き容量を圧迫することなく、ファイルエクスプローラーからアクセス可能に
  • 一部ファイルをローカルに残しておくことが可能に
  • iCloudドライブに保存したファイルはMacやiOSデバイス、iCloud.comからアクセス可能に
  • ファイルエクスプローラーからすべてのファイルを共有し、共同編集することが可能に(編集内容は同期される)

Icloud for windows 2

要は、PCのローカルストレージを圧迫すること無くiCloudドライブをクラウドストレージとして活用できるようになり、MacやiOSデバイスとの連携力が向上したと言える。

「Microsoftニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索