学生みんなが特待生。

OneDrive、プラン内容を改悪ーー容量無制限プランを撤廃、無料プランのストレージ容量を15GBから5GBに

OneDrive

OneDriveをメインのクラウドストレージサービスとして利用しているユーザーにとっては最悪の発表としか言いようがない。

OneDrive BlogによるとOneDriveの容量プランが大幅に変更され、容量無制限プランの撤廃無料プラン向けに提供されていたストレージ容量の縮小など、数々の「改悪」が実施されることが明らかになった!

一部ユーザーが容量無制限を思う存分使用していたことが原因

Microsoftがこのような決断をした理由として、一部のユーザー容量無制限を思う存分使用し、人によっては75TB以上ものデータをバックアップしていた現状を挙げている。これは平均の14,000倍のデータとなっているとのこと。

「容量無制限」を謳っている以上使い方はユーザーの自由ではあるが、大多数のユーザーが満足できるサービスであることを優先し、今回、プランの変更を決めたようだ。

  • 「Office 365 Home/Personal」または大学生ユーザー向けに提供されていた容量無制限プランを終了へ。今後は1TBの容量制限が設けられることに。
  • 100GBプランと200GBプランを廃止へ。2016年の早い段階で月額1.99ドルで利用できる50GBプランが登場する予定。
  • 無料プランで提供されていたストレージ容量は15GBから5GBに縮小へ。2016年の早い段階で実施予定。
  • 15GBのストレージ容量が得られるカメラロールストレージボーナスも廃止へ。2016年の早い段階で実施予定。

今後、Microsoftは1TB以上のストレージ容量を利用しているOneDriveユーザーに対し連絡するとのこと。最大12ヶ月間は現状のまま使用することができる。これは5GB以上のストレージ容量を利用している無料プラン利用者にも適用される。

現状、100GBプランまたは200GBプランを利用しているユーザーは今回の変更に影響されないとのこと。

詳細は下記リンクからどうぞ!


(via OneDrive Blog