Microsoft OneDrive、AppleシリコンMacを正式サポート

Dropboxは2022年前半までにネイティブ版をリリースを約束している

OneDrive

Microsoftのクラウドストレージサービス「OneDrive」が、Appleシリコンチップ(M1M1 ProM1 Max)を搭載したMacの正式サポート発表した。ビルド22.022から一般公開されるという。

従来のアプリはRosetta 2上で動作しており、メモリおよびバッテリー消費が大きかった。AppleシリコンMacを正式にサポートしたことで、動作速度および省電力性能の向上が期待できる。

Googleドライブは、昨年10月にサポート。Dropboxは、2022年前半までにネイティブ版をリリースすると約束している。

(Source: MacRumors

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索