OneDriveの無料プラン、事前の申し込みで15GBのストレージを引き続き利用可能に

Onedrive

今年11月上旬にMicrosoft容量無制限プランを撤廃し、無料プランのストレージ容量を15GBから5GBに削減することを発表した。これは大きな話題となり、Microsoftも批判を受けつつも「容量無制限」をいいことに75TBものデータを保存していた人に批判が集中。

これに対し、「一部のユーザーは非常識な使い方をした人のせいで常識的な使い方をしている僕らのストレージ容量を削減することには納得がいかない」と公式フォーラムに投稿。70,000件を上回る賛同が得られ、ついにMicrosoft「OneDrive」の無料プランを事前の申し込みを条件として15GBのストレージを引き続き利用可能にすること発表した

容量無制限プラン契約者には全額返金対応も

Office 365 Home/Personal」または大学生ユーザー向けに提供されていた容量無制限プランを契約していたユーザーには変わらず1TBの容量制限は設けられるが、最低でも12ヶ月は容量無制限プランを利用できる他、容量無制限プラン撤廃に不満であれば全額返金に応じてくれるとのこと。

無料プランを契約している人で5GB以上のストレージ容量を使用している人に対し、「Office 365 Personal」が1年分、無料で提供される。1TBのストレージ容量が含まれるため、容量不足で困ることはないだろう。該当者には来年早々にメールで案内があるとのこと。

さらに、5GBのストレージ容量は超えていないが5GBに削減されることは避けたい、という人は2016年1月末までの申し込みによって15GBのストレージ容量を引き続き利用可能にするとのこと。また、15GBのカメラロール用ストレージの特典を利用している人は併せて継続利用が可能になり、無料ユーザーでも最大30GBの無料ストレージが提供されることが明らかになった!

申し込みは以下からどうぞ!2016年1月末までとなっているので、容量が欲しい人は今のうちに申し込んでおくべし!

ところで、12月12日・13日限定で「Office 2016」や「Office 365」がセール中となっている。興味ある人はこの機会にどうぞ!

「Microsoft Office 2016」シリーズ、週末限定で10%オフで販売中

FOLLOW / 最新情報を購読