アプリの利用時間がウェブの利用時間を超えた



【img via Flurry

調査会社Flurryが公開した情報によると、アメリカにおけるモバイル端末におけるアプリの利用時間がウェブの利用時間を超えたそうだ。

※ここで言うアプリはiOS、Android、BlackBerry、Windows PhoneとJ2MEを指し、ウェブとはオープンウェブ(PCで見ているウェブページのこと)、モバイルウェブ(モバイルに最適化されたウェブのこと)、フェースブックを指している。

上記の通り、2010年6月ではウェブの利用時間(64分)アプリの利用時間(43分)を大きく上回っていた。1年後の2011年6月では、その立場が逆転し、ウェブの利用時間(74分)に対してアプリの利用時間は(81分)となった。Facebookをウェブに含めているのにも関わらずアプリの方が利用時間が長くなったのは、今後サービスを考える上で大きく影響する分野である。

ちなみに、アプリで最も利用されているジャンルはゲームが5割弱ソーシャルネットワーキングが3割ちょっととなっている。確かに、ゲームとソーシャルネットワーキングはアプリベースの方が使い勝手がいいよね。

(via 9to5Mac

関連キーワード
公開情報
更新日2012年12月26日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「ウェブ」新着記事
トレンド検索