【iOS 11】AirPodsのタップ操作を変更する方法

Apple Wireless Earphones AirPods Review

iOS 10」では「AirPods」のダブルタップで「再生/一時停止」または「Siri」を起動することができたが、曲の操作はできなかった。

iOS 11」からは新たに選択肢として「次のトラック」または「前のトラック」を追加することができ、左右の耳それぞれ異なる操作を追加することが可能になった。

本記事ではAirPodsのタップ操作を変更する方法を紹介する!

「AirPods」がiPhoneに接続された状態で設定を変更

大前提として、タップ操作を変更したい「AirPods」がiPhoneに接続された状態である必要がある。

次に、「設定」アプリを開き、「Bluetooth」をタップ。接続されているデバイスの一覧が表示されるので、「AirPods」を探し出し、右にある「i」ボタンをタップ。

接続されている「AirPods」の設定が麺が表示されるので、「AIRPODをダブルタップ」という項目から左右のAirPodで設定したい操作を指定する。

参考に、僕の場合は「AirPods」を耳に入れたまま一時停止したいことが多いため片方は従来通りの設定を残し、「Apple Music」で曲を飛ばしたいことも多いので片方を「次のトラック」に設定した。

もっと読むAirPodsまとめ
もっと読むiOS 11まとめ