学生みんなが特待生。

そのズボン、脱ごう!世界的イベント「No Pants Day」、ついに日本でも開催へ #ノーパンツ

No pants day

1年前、ニューヨーク発祥のイベント「No Pants Day」が開催されていたことを伝えた。

日本が成人を祝っている地球の反対側でカナダ人はズボンを脱いで街中を歩くいう謎のイベントが行われていたのだが、ついにそのイベントが日本にも上陸してしまった。明日1月1日(日)、世界的イベント「No Pants Day」が実施されることが決定した

ズボンを履いていないことを除けば普通の格好

「No Pants Day」の趣旨は至ってシンプル。決まった時間に電車に乗り、ズボンを脱ぐというイベント。主催者は「泡パ」や「BURNING JAPAN」など話題のパーティーを数々仕掛けるパーティークリエイター「afromance」と、「早朝フェス」の仕掛人である都市企画家「ハッピネスアーキテクト」がタッグを組んだクリエイティブユニット「Afro&Mo」。

No pants day

元々は「No Pants Skytrain Ride」という、ニューヨークを拠点として活動するコメディック・パフォーマンス集団「Improv Everywhere」が開催したことがきっかけ。最初は7人の友達同士による世間へのイタズラだったはずが、今となっては世界数十都市以上で開催されている世界イベントになってしまったのだ。

日本初開催!「#ノーパンツ」に参加する方法

日本でついに開催が決定した「No Pants Day」。気になる参加方法だが、至ってシンプル。

  1. 真冬なのにズボンを脱ぐ
  2. そんな自分の写真を撮る
  3. ハッシュタグ「#ノーパンツ」でズボンを履いていない自分の写真をシェアする
  4. たったこれだけ。極めてシンプル。ただし、これはあくまでも人を笑わせるためのイベント。「なんであいつ真冬なのにズボン履いてないの!ウケる!」「あいつのパンツマジでセンスない!ウケる!」という世間に体を張って笑いのネタを提供するイベントであることをしっかり念頭において楽しむべし。当然、公序良俗に反する行為となっては本末転倒だ。

    参考に海外の様子を載せておく。ズボンを履いていないことを除けば普通の格好であることがポイント。無駄に騒いだりすることはない。普段と変わらない日常生活を送っているが、なぜかズボンを履いていないというシュールさを演出することが重要なのだ。

    このイベントに参加したいという人や気になる人は以下の公式ページもチェックしておくべし!多くの日本人には理解されず、受け入れられ難いであろう「No Pants Day」。果たして今週日曜日はどうなるのだろうか。