段ボールで滑り台を作ったら、娘達は大喜び!パパは嬉しいよ

こんな粗末すぎる仕上がりの段ボール滑り台でも娘達は遊び倒してくれたみたいで、パパは感涙

Cardboard Slider for kids 01

商品が送られてきた綺麗な段ボールを使って滑り台を作ってみた。僕が翌日に1人で外出する予定があり、妻の負担が少しでも減ってほしいという思いから、夜中にカッターと粘着テープで制作した。制作時間は10分ぐらいだったと思う。

本来であれば以下のInstagram投稿にあるような滑り台を作る予定だったが、さすがにこのサイズの段ボールはなく、半分以下のサイズで制作。最も重要である最初の切り方を真っ先に間違えてしまい、結果的に我流で作ってしまったが、3歳児と1才児を支えるには十分だったようだ。

僕は昼前に家を出ており、夕方に帰宅。その間に娘達が自分で滑ったり、ボールを転がしたり、ぬいぐるみを滑らせたり、遊び倒している写真や動画が送られてきた。「制作時間と材料費の元は余裕で取った」と妻が言うほど、遊び倒してくれたそうだ。

今は欲しい玩具が数タップで手に入る時代だが、既製品ではなく手作りすることで子供だけではなく親も楽しめる。今回のように余った段ボールを活用することで、材料費はほぼ無料。一緒に作っても良いし、完成品を子供たちが装飾しても良いだろう。不要になったら、壊すこともイベント化できる。

僕はプラモデルをほとんど作った経験がなく、手先も特に器用ではない。ものづくりは好きだが、特別得意ではない。それでも子供が遊ぶものを作るのは、本当に楽しい。どれほど完成品の仕上がりがポンコツでも、今の年齢なら娘たちは喜んでくれる。その笑顔のために、また何かを作ってみようと思う。次はもっと大きいダンボールで滑り台を作りたいな。

公開情報
更新日2021年09月04日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. g.O.R.i(コメントID:599997)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:599986)
    とてもいい話だ。。。

    ありがとうございます😉

  2. 通りすがりの読者(コメントID:599986)

    とてもいい話だ。。。

「子育て・育児ガジェット」新着記事
トレンド検索