【レビュー】recolte(レコルト)のホットサンドメーカーで贅沢な朝食を!耳までカリカリ、焼き目も可愛い!

Recolte Hot Sand Maker

いつしかの「マツコの知らない世界」で見た「ホットサンド」。以来、ホットサンドを食べたい欲でウズウズしていたのだが、先日の婚約発表で先輩からホットサンドメーカー「レコルト プレスサンドメーカー キルト」を贈って頂いたので、ついに我が家でもホットサンドを作ることができるようになった!

食パンに具材をのせ、ホットサンドメーカーでプレスして焼き上げる。たったこれだけなのだが、それだけで美味しさが倍増し、食欲もうなぎ上りになる。ようやく試すことができたので、熱々のホットサンドメーカーを作る過程実際に使ってみた感想を紹介する!

「レコルト プレスサンドメーカー」の外観をチェック

まずは外観からチェック!レコルトのホットサンドメーカーの寸法は幅13cm × 奥行き23cm × 高さ9.5cm。重さは約1kg。手のひらサイズとは言い過ぎだが、それなりにコンパクト。四角いデザインであるため、収納しやすい。
Recolte Hot Sand Maker

開けるとこのような状態に。6枚切りの食パンが想定されているようだが、我が家では具材を多くしたいという思いから8枚切りを使用した。
Recolte Hot Sand Maker

レコルトのホットサンドメーカーには電源ボタンが存在しない。そのため、約95cmのコードを繋げた瞬間に本体上部にある赤いランプが点灯し、本体が加熱される。余熱が完了すると消えるので、ホットサンド作りを開始することができる。
Recolte Hot Sand Maker

本体の側面にある黒い部分は鉄板であるため、電源が入ると当然熱くなる。取り扱いに注意しましょう。
Recolte Hot Sand Maker

早速ホットサンドを作ってみた!

余熱が完了したので、早速ホットサンド作りにチャレンジ!記念すべき初ホットサンドのベースにはマヨネーズ。
Recolte Hot Sand Maker

次に千切りキャベツをトッピング。
Recolte Hot Sand Maker

その上にトマト。
Recolte Hot Sand Maker

さらにはベーコン。
Recolte Hot Sand Maker

「そろそろ使い切りたい」と思っていたマスタード。
Recolte Hot Sand Maker

これらを挟んでBLTホットサンドを作ってみることに!
Recolte Hot Sand Maker

普通にサンドイッチとして食べても美味しそうなこの組み合わせを加熱されたホットサンドメーカーに入れ、数分間待つ。
Recolte Hot Sand Maker

入れる時も鉄板に指が触れないよう、注意が必要だ。
Recolte Hot Sand Maker

力強く押しつぶすので抵抗がある人もいるかもしれないが、安心してプレスしてOK!
Recolte Hot Sand Maker

上下の鉄板が「カチャッ」とはまればプレス完了。あとは出来上がるまで2〜3分待ちましょう。
Recolte Hot Sand Maker

その結果、出来上がったゴリ家初代ホットサンドはこちら!トマトがはみ出たり、ホットサンドメーカーの中に食パンが収まらなかったりと粗い部分はあるが、プレスされた食パンの網目模様がしっかりと出ていてオシャレ!食パンがしっかりと収まればお店で出てくるような立派なホットサンドが作れそうな予感!
Recolte Hot Sand Maker

出来上がったホットサンド取り出す際も鉄板に用心するべし。我が家ではトングを活用した。
Recolte Hot Sand Maker

真ん中で切ってみたところ。自宅の朝ご飯にこれが出てきたら誰もがテンション上がるだろう!
Recolte Hot Sand Maker

続いて胡麻ダレチキン、千切りキャベツ、ゆで卵を組み合わせたホットサンドがこちら。肉肉しくて良い。
Recolte Hot Sand Maker

3つ目は焦がし醤油きのこ、千切りキャベツ、チーズという組み合わせ。回数を重ねるごとにレベルアップしていることがお分かり頂けるだろうか。
Recolte Hot Sand Maker

結局8枚切りの食パンを使い切り、4枚目は余った食材全部入れという暴挙に。見た目の完成度が最も高かった。
Recolte Hot Sand Maker

気に入った!電源供給型のお手軽ホットサンドメーカー

今回試したレコルトのホットサンドメーカーは収納しやすく、コンパクト。本体の見た目もシンプルで可愛らしい。

網目模様が「手間掛けた感」を演出し、食卓も大盛り上がり間違いなし。出来上がるホットサンドも耳までカリカリに焼き上げてくれるため、仮に見た目がイマイチでも食感を楽しむことができるので切り落とす必要がない。

ただし、気をつけなければならない点もある。電源ボタンが用意されていないため、電源に挿した瞬間余熱が開始されてしまうことは不便だ。電源で動作するためIHキッチンでも使用できるのは強みではあるが、逆に本体を洗い難いという難点もある。

ただ、それでもレコルトのホットサンドメーカーはとても気に入っている。「ホットサンドしか作ることができない調理器具なんて邪魔」という人もいるかもしれないが、ホットサンドの美味しさを一度知ってしまうとその考えを撤回するだろう。

何せ、食パンに適当な具材を入れ、プレスして2〜3分待つだけだ。手間も掛けずに熱々のホットサンドが自宅で食べられるのは魅力的だ。我が家では大人2人で大騒ぎして作り、食べてその美味しさにさらに大騒ぎしていたので、お子さんがいる家庭はきっと大盛り上がりだろう。

ホットサンドが美味しすぎるので毎朝パンを焼いて食べている人や、お昼はサンドイッチを作って食べることが多いという人は購入を検討するべし!