【2018年】gori.meが買って良かったもの総括

Things I Bought I Love 2018

2018年に買って良かったMac系商品買って良かったヘッドホン・イヤホン買って良かったガジェット買って良かった家電、そして買って良かったその他の諸々アレコレをまとめてきたが、中にはiPhoneやiPadなどが入っていないことに気がついた人もいるかもしれない。

本記事では2018年の買って良かったものの総括をしたいと思う!

gori.meではレビュー記事をまとめた「ゴリミーレビュー」、僕が今現在使用しているもの、気に入っているものをまとめた「ゴリミーセレクト」を随時更新しているので、興味がある人はそちらも併せてどうぞ!

買ったけど「買って良かった」に入らなかったApple製品

総括に入る前に、今回「買って良かった」に入らなかったApple製品を、入れなかった理由とともに紹介したいと思う。

予め断っておくと、「買って良かった」シリーズは僕自身にとって特筆するべき有益な価値を提供してくれた製品として考えているため、「買って良かった」に入っていなくても客観的に見て「良い製品」「友達に勧められる」と判断したものをまとめている「ゴリミーセレクト」に入っている場合もある。

そして「買って良かった」に入っていなかったからと言って買って後悔しているわけではない。むしろどの製品も日常的に使ってはいるが、わざわざgori.meの「買って良かった」として載せるには値しないと判断しただけだ。

それを踏まえた上でご覧あれ!

iPhone XS/XS Max

IPhone XS XS Max Review 10

まずはiPhoneから。「iPhone XS Max」でこれ以上にない満足感が得られていれば入っていたかもしれないが、デカイわ、重いわ、落とすわで結局「iPhone XS」に戻すことに。

僕はカメラをものすごく使うので「iPhone XS」に買い換えて良かったと思っているが、「買って良かった」と思えるかというと、「iPhone Xでも十分満足できるよね」と言わずにはいられない。実際に書いたレビュー記事を振り返ってみたら同じことを言っていた。

「iPhone XS」と「iPhone XS Max」は「買い」なのか。

すでに「iPhone X」を持っているのであれば、答えはNOだ。

iPhone XR

IPhone XR Review 354

iPhone XR」はとても良い端末ではあるが、とにかくカメラを使いまくる僕にとってはスペックが良い方を選んでしまう。ただし、「iPhone XR」のサイズ感や電池持ちの良さはとても気に入っているので、サブ機としては持ち歩いている。

買って良かったかどうかで言うと「なくても困らない」というのは事実。端末としては魅力があるが、僕個人としてはそれほど必要としていない所有していても生活の質は向上しない、ということだ。

iPad Pro 2018

IPad Pro 2018 12 9inch Review 38

iPad Pro 2018」に関しては、そもそも「iPad Pro」を使う習慣がないためベゼルレスになったところで生活に変化は生まれない。

それにしても「iPad Pro 2018」を手にして大絶賛している人が僕にはよく分からない。ベゼルレスになっただけでできることはまったく変わらないので、「それって前の機種でもできたのでは?」と思ってしまう。

USB-CになったのもLightningからUSB-Cに変わっただけで、仕様が緩和されたわけでもなくiOSが対応したわけでもない。僕からすると「iPad Pro 2018」は期待値を大幅に下回った端末という印象。

これほどコテンパに貶している「iPad Pro 2018」だが、その一方で見た目が格好良いと使いたくなる、というのはある。iPadと「Face ID」との相性は思っていたよりも良く、開いた瞬間にロックが解除される心地よさはiPhone以上かもしれない。

それでも開くとiOSの制限やMacのように使えないもどかしさがあり、結局使っている用途は旧モデルと変わらないーーブラウジング、読書、YouTube、お絵かき。だから「買って良かった」とは言えないのだ。

MacBook Air 2018

Using MacBook Air day one 02

実は自宅では「MacBook Air 2018」をそれなりに使っているのだが、正直、無くても困らない。だから「買って良かった」ものとして挙げなかった。

利用シーンで最も多いのが、自室以外でMacを使いたいのに「MacBook Pro」を「Blackmagic eGPU」から外すのが面倒、という時。高負荷な「MacBook Air 2018」でなければ十分こなせるので、大抵の人にとっては最適なマシーンだとは思う。

GoPro HERO 7 BlackとDJI Osmo Pocket

GoPro HERO 7 Black 01

今年買ったり触れたりしたがどちらも「買って良かった」に入れなかった製品が「GoPro HERO 7 Black」と「DJI Osmo Pocket」の2つ。

GoPro HERO 7 Black」に関しては実際に購入し、日々持ち歩いているが、今のところ使う機会は限られている。先日絶好のチャンスで使うべきところが使用していないのにも関わらず電池切れになっていた。ガッデム。

優れた耐久性と防水性に加え、新たに追加された卓越したビデオスタビライゼーション「HyperSmooth」を搭載している点が魅力。「買って良かった」に入っていない理由は利用シーンが少なすぎて良し悪しが判断できないから。

ただ、買って満足はしている。雑に扱っても大丈夫な点、画角がものすごく広い点などはiPhoneでは撮れず、一眼レフカメラではわざわざレンズを用意しなければならないので、気軽さという意味では良い。

DJI Osmo Pocket Hands On 01

一方、「DJI Osmo Pocket」はその小ささと楽しさを体験して一瞬にして気に入ってしまったが、帰ってからしばらく経って自分にとってまったく必要ないことに気づき、購入を見送ることに。

これまでも「Osmo Mobile」「Osmo Mobile 2」を買っているが、使用頻度は極めて限られることが分かっている。僕自身は買っても使いこなせない。

ちなみにちょっとした皮肉を言うと、PayPay祭りで飛びついた大多数の人も、きっと新年になったら買ったことも忘れていると思う。普段から動画を撮らないような人がスタビライザー買ったところで動画撮るようになる人は一握りでしょう!ほしい人は定期的にメルカリをチェックだ!

2018年の「買って良かった」総括

今年は例年よりも購入したApple製品の量も多く、出費も多かったような気がするが、その過程で色々と考える機会に恵まれた。

Appleに限って言えば、今年は迷走していた時期から少し抜け出そうとしているような印象を受ける一方で、製品の単価を必要以上に上げすぎている気がしてならない。高くなりすぎて「この価格でもこれだけの魅力がある」という感想を抱きづらくなった。

例えば、コストパフォーマンスが魅力だった「MacBook Air」はその魅力を引き継げず、コストパフォーマンスが悪い「MacBook」と近い道を歩んでいるように思う。もっと価格を抑えればもっと盛り上がったかもしれないと思ってしまうが、同時にノートPC業界が下火であることから、あえて客単価を上げたのかもしれない。

一方で、Apple製品は寿命が年々伸びているような印象も受ける。数年前の機種でもそれなりの価格で売れるのはAppleだからこそ。コストパフォーマンスの「パフォーマンス」部分は、処理能力以外の価値をもっと意識した方が良いのかもしれない。

個人的に良かったと思うのはAppleが「MacBook Pro」に対して本気になれたということ。13インチで4コア、15インチで6コアになったことは素晴らしい。あとは「Touch Bar」を捨てるだけ。あの無駄に価格を引き上げる存在価値ゼロの役立たずテクノロジーを今すぐ捨てろ!

Apple製品以外では、小型の財布や掃除機、スチームクリーナー、ワイヤレスヘッドホン、ルーターなどが個人的なベスト。買って良かった!

2019年も「ああでもないこうでもない」と悩みつつ一喜一憂するジェットコースターのような楽しい買い物をしたいな!

2018年「買って良かった」シリーズ

ギャラリー
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「商品レビュー」新着記事
トレンド検索