FacebookのProject TitanがGmailを喰いにいく!!

Facebook’s Gmail Killer, Project Titan, Is Coming On Monday
Facebook、Google Gmail対抗の「Project Titan」発表へ

 米メディアブログのTechCrunchによると、Facebookは「Project Titan」というコードネームのWebメールクライアントをこのイベントで発表するという。このWebメールクライアントでは、5億人以上の Facebookユーザーは、@facebook.comドメインの個人メールアドレスを利用できる。

そもそもこんな企画が進んでいたこと自体把握していなかったのだが、これは本当にすごいことだ。

ただ、上記記事にも書いている通り、WEBサービスを提供しているような会社が、なぜこのタイミングであえてメールサービスを提供する必要があるのか。Facebook内にはTwitterライクなマイクロブログもあるし、メッセージ機能もある。WEBサービスを提供している以上はFacebookにアクセスしてもらうことが大事であり、メールサービスを提供してしまうことによってFacebookにアクセスする頻度が下がってしまうのではないか。

よく考えてみたら、そんなことはなかった。Facebookのメールアドレスを取得する、ということはつまりはそのメールサービスそのものの主導権を握っているのはFacebook。Gmailと違い、メール本体に何かを記載しようと思えば出来るだろうし、ユーザーの連絡先を把握しているFacebookが5億人のユーザー一斉に連絡をするのもより容易になる。

また、Facebookを利用するためには常にFacebookに接続している必要がある。iPhoneなどでは、メッセージ機能などを使いつつ、Mailアプリでメールを使うにはイチイチアプリを終了しなければ使えない。常にFacebookアプリを開いています、というユーザーには問題ないが、少しライトなユーザーにはなかなか利用してもらえない。

上記の記事に、

 「ユーザーは日常的に、SNSやSMSとメールの両方を主要なコミュニケーションツールとして使っている」

とあったが、その通りであり、それをFacebookが独自のものを提供するのは決して間違った選択ではなさそうだ。結果的にWEBのFacebookやFacebookアプリを開いてくれるようになったら、本願である。

気付いたらみんなのPC用メールアドレスが @facebook になっている日も遠くないかもしれないね!

もっと読むFacebookまとめ
もっと読むウェブまとめ
あわせて読みたい