指定したアプリの通知のみ、「Apple Watch」で表示する方法

Apple Watch Notifications
iPhoneに送られてくる通知を全て「Apple Watch」で表示しているのは本末転倒。見落としたくない、本当にその場で確認するべき通知を精査するからこそ、「Apple Watch」を身につける意味がある。


本記事では指定したアプリの通知のみ、「Apple Watch」で表示する方法を紹介する!

iPhoneの「Apple Watch」アプリの「通知」から選択

「Apple Watch」とiPhoneをペアリングすると、デフォルトで全てのアプリの通知が表示されるように設定されている。面倒ではあるが、送る通知と送らない通知を全て手作業で変更する必要がある。

まずはiPhoneで「Apple Watch」アプリを開き、「通知」をタップ。
Apple Watch App Notifications 3
中に「Apple Watch」で通知を受信できるアプリが一覧で表示されているので表示したいもののみを有効化する。「通知インジケータ」と「通知のプライバシー」の下には純正アプリが揃っている。これらはiPhoneの設定を反映するか、「Apple Watch」独自の設定にするかを決めることができる。
Apple Watch App Notifications 1
その下にスクロールすると通知を受信することができるサードパーティ製アプリが並んでいる。全てを有効化するとiPhoneと変わらないだけではなく、「Apple Watch」の貴重な電池を消耗する原因となるので、本当に見落としたくない通知のみ有効化するべし!
Apple Watch App Notifications 2
オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. 15インチ型「MacBook Pro」の動画編集性能を2016/2015モデルで比較ーーFinal CutとPremiere Pro
  3. 【レビュー】実際どう?超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(2/3)【Sponsored by Sony】
  4. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール4日目の特選品
  5. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!