Apple、4Kテレビの開発を1年前に断念していたことが明らかに

apple-itv-concept-7.jpg
Apple TV」のようなセットトップボックスではなく、本格的な家庭用テレビがAppleから発表されることを期待している人にとって残念なお知らせだ。

The Wall Street Journalによると、Appleは4Kテレビの開発を検討していたものの、他社製品と差別化する方法が見当たらず、1年前に計画を断念したと報じている!

4Kテレビ構想の代わりに新型「Apple TV」が登場する

確かに数年前からAppleが開発する家庭用テレビの噂はあった。2012年12月、Tim Cook氏は同製品を開発していると名言していたことから、開発していたことは間違いなさそうだ。2013年時点では55型/65型の4Kテレビで価格は1500〜2500ドルになるとも報じられていた。


Appleの4Kテレビにはカメラの向きが自動的に調整されるFacetimeビデオ機能が用意されていた他、レーザーを使用したディスプレイを検討していたことも明らかになっている。

4Kテレビの夢は儚く散ってしまったが、その代わりが現在噂されている新型「Apple TV」新しいリモコンとともに家庭用テレビに繋げることによって新しい体験を生み出す製品になることが期待されている。

Panasonic 40V型 4K液晶テレビ 3D対応 VIERA 4K TH-40CX700
パナソニック (2015-05-22)
売り上げランキング: 79,665

(via The Verge

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法