「OS X Yosemite」では通知センターもiOSライクに!サードパーティ製ウィジェットにも対応!

OS X Yosemiteの通知センター
分かりやすくiOS化した「OS X Yosemite」。Spotlightが機能強化され表示がリッチ化した他、アイコンなどUIデザインが一新されている。iTunesのアイコンが赤くなっているのが気になる。


OS X Yosemite」では「OS X Mavericks」ではあるだけ無駄な機能であった通知センターもようやくまともに使えるような機能として改善されている

サードパーティ製ウィジェットを表示すること可能に!

OS X Yosemite」の通知センターではiOSのように今日の予定を確認できる「Today」タブと通知をまとめる「Notification」タブを用意。「Today」タブにはカレンダーやリマインダーの他、サードパーティ製のウィジェットがついに解禁されている!

OS X Yosemiteの通知センター
OS X Yosemiteの通知センター
後ほど紹介するが、これは同じく「WWDC 2014」にて正式発表された「iOS 8」でも同じくサードパーティ製ウィジェットの対応が発表されている。秋までにどのようなウィジェットが発表されるのかが楽しみだ!

「OS X Yosemite」に関する他の記事もチェック!


(via 9to5MacThe Verge

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告