Duet Display、「iPad Pro」に対応!最新バージョン、CPU使用率を80%以上削減

duet-display-3.png
iPadをサブディスプレイ化するアプリ「Duet Display」が最新版「バージョン1.2」にアップデートされ、ついにiPad Pro」に対応したようだ!

巨大iPadの使い道を相変わらず模索している僕にとっては朗報!12インチ型MacBook用のサブディスプレイとしても活用することができそうだ。



というのも、最新バージョンでは劇的にパフォーマンスが向上している模様。CPU使用率が80%以上削減されているとのことで、接続しているMacやPCに対する負荷も減っているようだ。

MacだけではなくWindows PCでも利用できる「Duet Display」。手元に使っていないiPadがあればサブディスプレイとして活用してみてはいかがだろうか。


使い方は下記記事を参考にどうぞ!

ディスプレイにiPadやiPhoneを固定できるクリップ型アクセサリ「Mountie」を活用すれば「Duet Display」をもっと活かすことができそうだ。気になる人はこちらもどうぞ!


(via MacRumors

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法