【社会人に提案】お互いのトイレ・ライフを快適にするための「ちょっとした気遣い」をお願いしたい

Toilet paper
最近トイレの個室に入ると非常に残念なことがある。あまりにも同じ場面に遭遇することが多いので、思い切って記事にしてみることにした。

目の前にトイレットペーパーの替えがあるのに、トイレットペーパーを使い切ったまま放置された状態の個室に入ったことはないだろうか。

僕は声を大にして言いたい。「トイレットペーパーの替えが目の前にあるなら替えてから個室を出ろ」、と。そのまま放置して個室を出る人は、この「ちょっとした気遣い」でお互いのトイレ・ライフが快適になると、思わないのだろうか。

トイレペーパーを差し替えるのは誰だってできる

個室で用を足してトイレペーパーに手をやると、このような状態だったことはないだろうか。
Toilet paper
もしくは差し替えたはいいものの、本の芯が放置されている場合。
Toilet paper
ハッキリ言って僕からするとナンセンスである。次にトイレの個室に入る人のことを一切気遣うことができていないのは、社会人として恥じるべきだ。いくら仕事ができてもできて当たり前の気遣い、取って当たり前の行動を取れない社会人が多すぎる。

トイレの個室に入ったら、こうあるべきだと思わないだろうか。少なくとも僕はこうあるべきだと思う。
Toilet paper
トイレは利用する全員の共同空間だ。次に入る人が快適に用をたせるためにお互いがお互いのことを気遣うことが大前提である場なのだ。

急いでいてゴミを捨てるのを忘れてしまった、という人。腹痛が酷くてそれどころではない、という人。トイレの個室に入る人はそれぞれ事情がある。

実際、面倒なのは分かる。音をガサガサ立てながら替えるのが少し恥ずかしいという気持ちも分からなくもない。

ただ、社会はお互いの気遣いがあればあるほど、平和で快適な日々を過ごすことができる。次回、個室に入って用を足した後にトイレットペーパーを使い切った場合、是非とも出る前に新しいトイレットペーパーに替えてから出て欲しい。ゴミもゴミ箱に捨てることができたら、ベストだ。

トイレットペーパーについてこれほど熱く語る日が人生において来るとは予想もしなかったが、僕の思いが誰か1人にでも伝わっていれば幸い!お互いを思い、より良い社会にしていこう!

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトムービーが公開ーー5.8インチ型の曲面有機ELディスプレイ搭載、ワイヤレス充電対応
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法
  4. 次期iPhone、防水性能が「iPhone 7」よりもさらに強化されIP68等級に?!
  5. バックアップ必須!新しいiPhoneに機種変更する前にやるべきことまとめ