【注意喚起】「iOS 8.0.1」リリース → アップデートすると圏外になるバグが発生

ios8logo.png
多数のバグが修正される代わりにiPhoneそのものが電波を掴まなくなるとは致命的すぎる…。


昨日、近々リリースされると予告したiOS 8.0.1」が早速配布開始されたのだが、なんとアップデートするとiPhoneが圏外になってしまい、携帯電話ネットワークに一切接続しなくなってしまうというバグが発生している!Appleは既に「iOS 8.0.1」の配布を取り下げているようだが、絶対にアップデートはしないように

万が一アップデートした場合はIPSWファイルを再インストール

既に「iOS 8.0.1」にアップデートしてしまった場合、「iPhone 6」または「iPhone 6 Plus」であれば「iOS 8」にダウングレードする方法がある。iMoreにその方法が紹介されていたので、載せておく!

  1. 「iPhoneを探す」の設定をオフにする(「iCloud」の設定の中)
  2. 「iPhone 6」または「iPhone 6 Plus」用のファームウェアファイル(.ipsw)をダウンロード(「iPhone 6」用のファームウェアファイル / 「iPhone 6 Plus」用のファームウェアファイル
  3. iTunesが最新バージョンであることを確認する
  4. iTunesを起動する
  5. 「iPhone 6」または「iPhone 6 Plus」をMac/PCにLightningケーブルで接続する
  6. MacならOptionキーを押しながら、WindowsならShiftキーを押しながら「アップデートを確認」をクリック
  7. メニューが表示されるので先ほどダウンロードしたファームウェアファイルを選択

Appleが一刻も早く「iOS 8.0.1」の致命的すぎるバグを修正することを願うばかりだ。

(via MacRumors

あわせて読みたい
もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 次期iPhone、防水性能が「iPhone 7」よりもさらに強化されIP68等級に?!
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法
  4. 初代iPhoneの初期プロトタイプが動作している映像がさらに公開
  5. バックアップ必須!新しいiPhoneに機種変更する前にやるべきことまとめ