【レビュー】世界が認めた、純日本製の「iPhone 6/6 Plus」用ケース「AndMesh Mesh Case」の持ち心地が最高すぎる!価格もお手頃!

AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus
僕はどうも手帳型ケースはどうも好きになれない。手に持った時に表紙の部分がぶらぶらしているのも気になるし、折り返したとしても持ち心地が悪い。

最近まではデニム生地が好きすぎて「Simplismカードポケットファブリックケース」に戻していたが、なんだかんだで「iPhone 6 Plus」純正シリコンケースも気に入って使っていた。


僕のような手帳型ではない(ストレート型?)のiPhoneケースが欲しい「iPhone 6 Plus」ユーザーに是非とも検討してもらいたいiPhoneケースがある。それは「AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus」。純日本製で汚れや衝撃に強く弾力性のある「エラストマー」という新素材を採用しているのだが、これの持ち心地が絶妙なのだ!

価格も3,000円前後とお手軽で、「iPhone 6 Plus」のみではなく「iPhone 6」用も用意されている。ICカードが入らないのが残念だが、それ以外は完璧!

さらに、本日、世界最大規模の国際的デザイン賞「レッドドット・デザイン賞」を受賞したことが明らかになった!驚くべきことに、なんと「iPhone 6 Plus」ケースでは世界初となる受賞なのだ!凄すぎる!

世界が認めたiPhoneケース、早速紹介する!

純日本製iPhoneケース!企画から製造まで全て国内

まずはパッケージの紹介から。「DESIGNED & MADE IN JAPAN」と書かれているように、「AndMesh Mesh Case」は純日本製のiPhoneケース
AndMesh MeshAndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus Case for iPhone 6 Plus02
パッケージそのものは非常にシンプルで、何よりもケース本体に辿り着きやすい梱包であるということが素敵だ。「OPEN」と書かれた箇所はマグネットで閉まっているので開けやすい。
AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus
今回僕が提供して頂いたのはレッド。理由は「iPhone 6 Plus」純正シリコンケースと同じく派手だったから!なかなか良い感じだ!
AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus

「AndMesh Mesh Case」の外観をチェック

それでは早速本体の外観をチェックしていきましょう!ケースそのものはこの上なくシンプル。
AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus
裏側。
AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus 6 Plus
底面はスピーカーグリル、Lightningポート、マイク、イヤフォンジャック用の穴がしっかりと開いている。
AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus
音量ボタンはケースに覆われている。マナーモードボタンは繰り抜かれている。
AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus
ケースの上部。ケース本体を繋ぎ合わせた跡が少し気になる。
AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus
スリープボタン側。こちらも完全に覆われている。
AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus
カメラホール。フラッシュを焚いても問題無さそう。
AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus

柔らかすぎず、硬すぎず!持ち心地抜群の「エラストマー」

一見普通のシリコンケースにしか見えないが、手に持った瞬間に全く別物であることがすぐに分かる。「AndMesh Mesh Case」は日本製の「エラストマー」と呼ばれる新素材を採用している。特徴は汚れや衝撃に強く、弾力性があること。

これほど簡単に曲げることができるが、簡単に千切れそうな脆さはない。
AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus
AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus
ソフトケースのようにペラペラではないが、ハードケースのようにカチカチではない。そしてシリコンケースのようにもたつかないのも魅力的。というのも、シリコンケースはポケットの出し入れが非常にしづらく、タイトなジーンズにねじ込みづらいのだが、「AndMesh Mesh Case」を付けているとエラストマーのお陰で出し入れが非常に簡単なのだ。

iPhone 6 Plus」に「AndMesh Mesh Case」を取り付けてみた

AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus
続いて「iPhone 6 Plus」に「AndMesh Mesh Case」を付けた状態を紹介する!
AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus
まずは端末下部から。それぞれの穴はもちろんジャストフィット。多少穴の大きさに余裕があるので接続部分が少し太いLightningケーブルでも問題なく差し込むことができるだろう。
AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus
マナーモードボタンの穴はジャストサイズではあるが、押しやすいような作りになっているため爪先を使えばオン・オフの切り替えは簡単に行える。
AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus
スリープボタン側。
AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus
ケースは僅かな高さがあるためiPhoneを落としてもディスプレイはギリギリ守られる…はず!
AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus
背面。この角度身体と分かりづらいかもしれないが、メッシュケースなのでAppleロゴがぼんやりと透けて見える。
AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus
カメラホールも十分な広さ。カメラ部分も当たらない厚さになっているのも嬉しい。
AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus
硬すぎず柔らかすぎず丁度良い質感エラストマーのお陰で本体が非常に持ちやすい。丸みを帯びたデザインに更なる緩やかな曲面をプラスし、結果的に持った時のフィット感が増しているような印象を受ける。「iPhone 6 Plus」のデザインを損なわずに持ち心地が良くなっている、とは言い過ぎかもしれないが、そう言いたくなるほど手に馴染む。
AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus

ポケットからもスッと取り出せる「iPhone 6 Plus」用ケース

AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus
手帳型ケースが嫌いな人、ストレートシンプルなケースがが欲しい人、持ち心地の良いケースが欲しい人。そもそもケースの選択肢が異常に少ない「iPhone 6 Plus」ユーザーにとって「AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus」は非常に心強いチョイスだと言える。強くオススメする!

唯一惜しいのがICカードを入れることができない、という点。メッシュケースの性質上、無理矢理差し込んだとしても裏側からICカードが透けて見えてしまう。持ち心地はとにかく気に入っているので、是非ともICカード対応モデルを出してくれることを期待したい。

AndMesh Mesh Case」はカラーバリエーションも豊富!「AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus」は全8色展開、「AndMesh Mesh Case for iPhone 6」は全9色展開となっている。

記事公開後、多数の人が愛用していることが分かった!「レッドドット・デザイン賞」を受賞するのも納得できるぐらい、評判が良い。




シンプルで持ち心地が良く、出し入れがしやすいiPhoneケース「AndMesh Mesh Case」。以下からどうぞご覧あれ!

AndMesh Mesh Case for iPhone 6 Plus









AndMesh Mesh Case for iPhone 6








オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー
  2. 「iOS 10.2 Beta 6 / Public Beta 6」、配信開始
  3. Twitter 、2016年の人気ツイートをまとめたランキング「2016年振り返りツイート」を公開!
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法