「Galaxy S6 Edge」の光学手ブレ補正の性能は「iPhone 6 Plus」を大きく上回ることが発覚

Galaxy s6 edge iphone 6 plus ois
iPhone 6 Plus」の光学手ブレ補正が「大したこと無い」と言われても致し方がないほどの性能差を見せつけられた…。


phoneArenaPhandroid「Galaxy S6」や「Galaxy S6 Edge」に搭載されている光学手ブレ補正の性能を「iPhone 6」や「iPhone 6 Plus」と比べた動画をそれぞれ公開していたので、紹介する!

撮影された映像を比べて見なければ何も分からない

Samsungは「MWC 2015」の展示会場にて手ぶれ補正の差を体感できる機械を設置し、光学手ブレ補正の性能をアピール。ガタガタ振動する機械に「Galaxy S6」や「Galaxy S6 Edge」を置いても画面内の映像は微動だにしない。

「その性能差は一目瞭然!iPhoneの惨敗だ!」と泣きながら床に崩れ落ちそうな勢いだが、これらはあくまでも撮影時の様子を映したものであり、実際に両端末で撮影された映像を比較したものではない。光学手ブレ補正機構というハードウェアに加え、ソフトウェアによる手ぶれ補正処理の両方を経て映像として完成するため、最終的な映像で比較するまでは真の実力は分からない。

とは言え、「Galaxy S6」と「Galaxy S6 Edge」に搭載されている光学手ブレ補正の性能は非常に高いのは事実。以下、それぞれご覧あれ!

「Galaxy S6」 V.S. 「iPhone 6」

まずは「Galaxy S6」と「iPhone 6」を比較したもの。そもそも「iPhone 6」は手ぶれ補正機能を搭載していないため、当然撮影時には大きく手ブレしてしまうが、「iPhone 6」で動画を撮影した場合、撮影完了後にソフトウェアによる手ぶれ補正が適用される。

やはり撮影時は「Galaxy S6」の圧勝だが、撮影後の映像の比較も確認したいところだ。



「Galaxy S6 Edge」 V.S. 「iPhone 6 Plus

続いて「Galaxy S6 Edge」と「iPhone 6 Plus」を比較した映像が以下。どちらも光学手ブレ補正を搭載していることから条件は平等なはず。やはり「Galaxy S6 Edge」の方が安定している。

ただし、こちらも実際に完成した映像も見てみたいところだ。結果的に撮影した映像が手ブレしていなければ良いだけの話なので、勝敗は決まった訳ではない。



(via phoneArenaCult Of Android

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Super Mario Run、セキュリティ上の理由でオフラインモードは提供せず
  2. 「AirPods」の発売遅れ、理由は技術的な問題?量産の問題?
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【サイバーマンデー】Ankerの人気モバイルバッテリーやUSB急速充電器、高耐久ケーブルが特価販売中!
  5. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール5日目の特選品