【レビュー】「iPhone 6s」を使って分かった14のことーー「iPhone 6 Plus」から乗り換えて感じたアレコレ

iPhone 6sを使って分かったことまとめ
iPhone 6s」を購入してから3日が経とうとしている。5.5インチの「iPhone 6 Plus」から4.7インチの「iPhone 6s」に乗り換えるのは勇気が必要だったが、片手の操作が難しすぎることや圧倒的なケース不足、そしてランニング時において邪魔であることが1年間の使用を通じて分かったため、サイズダウンすることを決意した。


無事発売日に手に入れた「iPhone 6s」の第一印象は「小さい」だった。手に収まる安心感は大きかったが、同時にこれまで手に到底収まらない「iPhone 6 Plus」を使うことに慣れていた自分にとっては物足りなささえも感じていた。


実際のところ、「iPhone 6s」はどうなのか。本記事ではiPhone 6 Plus」から「iPhone 6s」に乗り換えた僕がを使って分かった14のことをまとめたので、今後購入を検討している人は参考にどうぞ!

「iPhone 6s」ならではの新機能は「堅実な進化」

まずは「iPhone 6s」に搭載された新機能を中心に感じたことをまとめておく。

1. 「Touch ID」の認証スピードが尋常ではなく速い

iPhone 6sを使って分かったことまとめ
「iPhone 6s」を手にして何よりも最初に気がついたのは「Touch ID」が指紋を認証するスピード。ホームボタンに指を押し込んだ瞬間、ロック画面をほぼ見ることなくホーム画面に切り替わる。感動を通り越して恐ろしい

以下、Vine動画でその様子を収めたので参考にどうぞ。



iPhone 5s」「iPhone 6」「iPhone 6s」で「Touch ID」の認証スピードを比較した動画も公開されているので、参考にどうぞ!「iPhone 5s」から機種変更した人は認証速度があまりにも速くて動揺するかもしれない。

2. 「3D Touch」は覚えると便利だが覚えるまで存在を知らない

iPhone 6sを使って分かったことまとめ
「iPhone 6s」のイチオシ機能は「3D Touch」。Appleはこの機能を「次世代マルチタスク」と謳っているが、要はこれまでのタップやスワイプ、ピンチなどの操作に加えて押しこむという言葉通り別次元の操作が加わったのだ。

実際のところ「3D Touch」は便利なのだろうか。この数日間使ってみた結果、現時点では「便利だが、まだまだこれから」という結論に至っている。

今のところ「3D Touch」の機能で最も重宝しているのはアプリの切り替え。画面の左端を押し込むことによってアプリランチャーが起動し、ホームボタンを押さずにアプリの切り替えを簡単に行うことができる。便利だが、慣れるまで少し時間が掛かりそうだ。



他にもホーム画面がからアプリの機能に素早くアクセスできる使い方は把握しているものの、活用する機会が未だにない。僕が愛用しているReaddleのメールアプリ「Spark」は早々に「3D Touch」に対応してくれたが、用意されている「3D Touch」の機能はまだ活用することができていない。



使う機会がそれほど便利ではないが、慣れると確実に戻れなくなるのがカーソル移動モード。キーボードをトラックパッドのように使うことができ、カーソルの移動が格段に楽になった。


なお、「3D Touch」の機能として内容を覗き見できる「Peek」やそのまま表示する「Pop」などが用意されているが、今のところ全く活用できる気配がない。「iPhone 6/6 Plus」以下であればリンクを覗き見できた方が操作が快適になるかもしれないが、「iPhone 6s/6s Plus」はRAMが2GBになったお陰でいちいち「Peek」するよりも開いた方が早いような気がしている。僕の使い方の問題だろうか。

僕が「3D Touch」に対して「便利だが、まだまだこれから」であると感じている最大の理由はサードパーティ製アプリが対応してからが本番だと思っているから。個人的に「Peek」が最も活用できそうだと思っているアプリはLINE。「既読を付けない既読スルー」をするためにはもってこいの機能だろう。今後、多くの男達がソワソワすること間違いなし。

3. RAMが2GBになった影響は大きい

iPhone 6sを使って分かったことまとめ
「iPhone 6s」はRAMが2GBになっている。このインパクトが尋常ではないのだ。僕が特に体感しているのは以下の2つ。

3−1. タブブラウジングが快適になった

Safariで複数のタブを開き、最初に開いたタブに戻ってきてもそのページを再読み込みする確率が以前に比べてグッと減った。これは間違いなくRAMが2GBになったお陰。

iPhone 6 Plus」と「iPhone 6s Plus」のSafariを比較した動画もあるので、参考にどうぞ!

3-2. アプリの再読み込みが圧倒的に減った

再読み込みする頻度が下がったのはSafariのタブだけではない。アプリを切り替えても直前に表示されていた状態がしっかりキープされるようになった。Safariでブラウジングをしつつ、Twitterを見つつ、Facebookをチェック、という忙しなくiPhoneを使う人にとってRAMが2GBに増えたことによって普段の操作が快適になった。

4. 1,200万画素のiSightカメラと500万画素とFaceTimeカメラ

iPhone 6sを使って分かったことまとめ
「s」系のアップデートでお馴染みの進化ポイントと言えばカメラ。今回は以前に比べて画素数も増え、写真の写りに期待している人も多いだろう。

4-1. 画質の変化は実感できず、本体がコンパクトになり撮りやすくなった

ここ数日間撮影してみた結論としては、iPhone 6 Plus」から劇的な進化は感じ取れていない。同じ被写体を「iPhone 6 Plus」で撮影し比較してみても、言われてみれば少しパリッとしたような気がする程度

ただ、以前に比べて本体サイズが小さくなったことによって写真が撮りやすくなった。iPhoneそのものを取りやしだすくなっただけではなく、構えた時に片手でもサクッとシャッターを切ることができるのは「iPhone 6 Plus」ではできなかったことだ。

4-2. FaceTimeカメラの「Retina Flash」が偉大!

500万画素になったFaceTimeカメラで最も驚いたのはその撮影画質よりも「Retina Flash」。内カメラで撮影する時にディスプレイが通常より3倍明るく発光することによって擬似的なフラッシュ効果を得ることができるという機能なのだが、これがあるお陰で今までのiPhoneでは確実に撮影できなかった環境でもセルフィを撮ることができるようになるだろう。

こちらがその一例。通常では暗すぎてほとんど写らない。
Taken With iPhone6s FaceTime
ところが「Retina Flash」を有効化するとこのようにハッキリと酔っぱらい気味の僕が写っている。ただでさえ細い目がさらに細い……。
Taken With iPhone6s FaceTime
これから飲み会などで写真を撮る際に大いに役立つであろうこの機能。セルフィ好きは「Retina Flash」のためだけに買い換えても良いかもしれない。

4-3. 「iPhone 6s」で撮影した写真サンプル

実際に「iPhone 6s」で撮影した写真を数枚載せておく。加工はリサイズ以外は一切せず、撮ったものをそのまま公開している。

Taken With iPhone6s
Taken With iPhone6s
Taken With iPhone6s
Taken With iPhone6s
Taken With iPhone6s
Taken With iPhone6s
Taken With iPhone6s

4-4. 4K動画が再生できても楽しめる環境が少ない

「iPhone 6」シリーズのカメラで多いにアピールされていたのは4K動画撮影に対応していること。特に「iPhone 6s Plus」は光学手ブレ補正が効くためスマホとは思えないような動画が撮影できるようだが、今のところ撮影したところで4K動画を楽しめる環境が全くないため、イマイチその魅力を実感することができていない。

取り急ぎ4K動画を撮影してみたが、どうだろうか。今の僕にはまだフルHDで十分かな。



5. 意外と4.7インチでも画面の端は届かない

iPhone 6sを使って分かったことまとめ
「iPhone 6 Plus」から乗り換えた理由として画面が大きすぎたことを理由の1つとして挙げた。裏を返せば「iPhone 6s」であれば片手で十分操作ができると思っていたのだが、どうやら左手で持った時の右上、右手で持った時の左上は持ち替えないと触ることができないことが発覚した。詰めが甘い!

それでも僕は「Reachability(簡易アクセス)」は使わないが。

「iPhone 6 Plus」から乗り換えて分かったこと

続いて「iPhone 6 Plus」から「iPhone 6s」に乗り換えたからこそ感じているアレコレについてまとめておく。

6. 画面の狭さ、要素の狭さには徐々に慣れつつある

iPhone 6sを使って分かったことまとめ
「iPhone 6 Plus」の画面が大きいから選んだはずの「iPhone 6s」だが、実際手にしてから僕は自分と葛藤していた。5.5インチの表示に慣れしまったせいか、4.7インチの表示が物足りなく感じてしまったのだ。





初日はあまりもの窮屈さに思わず「iPhone 6s Plus」を買い足すところだったが、冷静さを取り戻し自分を慣れさせた結果、ようやく「iPhone 6s」の画面サイズにも慣れてきた。

7. 電池の減りが想像していたよりも早い

iPhone 6sを使って分かったことまとめ
「iPhone 6 Plus」の電池持ちは驚異的だった。1日全く充電することなくバリバリ使っていたとしても1日の終わりまではギリギリ持っていた。


「iPhone 6s」は「iPhone 6 Plus」に比べると電池が小さく、連続駆動時間は当然短い。それは十分に分かっていたことではあったが、想像していたよりも電池の減りが早い。モバイルバッテリーは忘れないようにしなければ!


8. 手にフィットする安心感、片手操作できる快適さ

iPhone 6sを使って分かったことまとめ
窮屈さを感じ、電池持ちが予想よりも悪いというネガティブな印象が続いたが、やはり小型化したことによる最大のメリットは片手でしっかりと握ることができる安心感。一般男性の手には丁度良い大きさではないだろうか。

また、画面の一部はギリギリ届かないものの、片手でのフリック入力は快適そのもの。これならつり革に片手で捕まっていてもツイートをホイホイ投稿することができる!


9. 画面が狭くなり、両手フリックは少ししづらくなった

iPhone 6sを使って分かったことまとめ
逆に画面が小さくなったことによってこれまで駆使していた両手フリックが少々しづらくなった。ただこれも慣れの問題だと思うので、数週間経てば以前のようにスイスイ両手で文字を打つことができるようになるはず!

10. バイブレーションが圧倒的に弱く、Apple Watchは必須に

iPhone 6sを使って分かったことまとめ
「iPhone 6 Plus」のバイブレーションは異様に大きかった。机の上で鳴った時の振動音も着信音かと思えるほどの大きさだった。

ところが、なぜか「iPhone 6s」はバイブレーションが非常に弱になってしまった。あまりにも弱いのでポケットに入れても気付かない。だからこそ、手首で振動する「Apple Watch」が僕にとっての必須アイテムになった。

11. ランニング時の快適さは異常!邪魔にならない!

iPhone 6sを使って分かったことまとめ
ほぼ毎日ランニングをしている僕だが、「iPhone 6 Plus」は走っている時はとにかく邪魔だった。ポケットに入れるとあまりもの大きさにポケットから飛び出るのではないかと不安で仕方なかった。

「iPhone 6s」に変えてからその心配はなくなった。ポケットにしっかりと収まり、「iPhone 6 Plus」よりも軽いためポケットの負担にもならない。ランニング時も躊躇せずに全力ですることができるようになった。この開放感、1年ぶりだ!

12. タイトなジーンズにもねじ込める安心感、取り出しやすくなった

iPhone 6sを使って分かったことまとめ
「iPhone 6 Plus」はタイトなジーンズにねじ込むことができない。BoAも「iPhone 6 Plus」を買っていたとしたら確実に戦うバディではなかっただろう。

「iPhone 6s」はそのコンパクトさのお陰でタイトなデニムでもポケットにすんなり入れることができるようになった。また、本体の強度も上がったことから、後ろポケットに入れる人も折れ曲がる心配をする必要も無さそうだ。


小型化したことによるメリットとして、以前はポケットにiPhoneを入れたまま座ることに抵抗があったものの、「iPhone 6s」にしてからはそのまま座ることができるようになった。毎回机の上にiPhoneを置くことなく、ポケットに入れたまま着席することができるようになった。

13. 電子書籍は少し物足りない気がしつつも、片手で操作がしやすい

Reading Kindle With iPhone6s
表示領域が狭くなった関係で電子書籍を読む際には少し物足りなさを感じてはいたが、恐らくこれも慣れの問題だろう。逆に表示領域が狭い代わりに片手で簡単に操作できることに魅力を感じているが、唯一、コミックを読む時だけは画面が大きい方が読みやすかったように感じる。こればかりは仕方ない。

余談だが、上の写真で読んでいる本は下記。ウェブメディア運営者と出版業界の人にはお勧め。


14. 画面が回転して欲しい時にしっかり回転してくれる

Landscape Mode iPhone6s
非常に細かいことだが、「iPhone 6s」に変えてから画面回転の精度が高くなったように感じる

「iPhone 6 Plus」ではしっかり横に傾けてすぐには回転せず、タイムラグがあってから表示が変わることが多かった。「iPhone 6s」は傾けるとスムーズに表示が切り替わる。滑らかでストレスが無い。

まとめ:「iPhone 6s」は効率化&高速化に注力した、堅実なアップデート

iPhone 6sを使って分かったことまとめ
結局のところ、「iPhone 6s」に買い換えてどうか。5.5インチから4.7インチへのサイズダウンに少々苦しんだものの、端末としての満足度は非常に高い

最大の理由は何もかもが効率化され、高速化されたことだろう。「Touch ID」もスピードアップし、「3D Touch」も求めている機能に素早くアクセスすることができるようになった。GPUが6コアになった「A9」チップに2GBになったRAMを搭載しているのも「iPhone 6s/6s Plus」のスピードアップに大いに貢献しているだろう。

今年のiPhoneは速い。これは実際に持って体験してみないと分からないが、「iPhone 6/6 Plus」を使っている人でもその違いは間違いなく体感できるはず。

「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」はこれまでの「s」系アップデートの中で最も堅実なアップデートだ。攻めのAppleを期待していた人にとっては物足りないかもしれないが、今後の更なる進化のために今一度iPhoneとしての基本を見直す時期だったのかもしれない。

逆に言えば来年のiPhoneは2年ぶりの大型アップデートになるはず!進化をし続けるiPhoneの期待を胸に、今日も「iPhone 6s」を使い倒すぞ!


 SIMフリーのiPhoneはApple公式サイトから購入するべし!

  • 学生・教員・PTA役員限定 ▶ 学生・教員向けストア
  • オススメ

    gori.meの最新情報をチェック!!

    1. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
    2. 15インチ型「MacBook Pro」の動画編集性能を2016/2015モデルで比較ーーFinal CutとPremiere Pro
    3. 【レビュー】実際どう?超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(2/3)【Sponsored by Sony】
    4. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール4日目の特選品
    5. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!