寝るだけで睡眠の質が向上!人工知能マットレスパッド「MOORING(モーリング)」はみんな欲しいはず

睡眠の質を人工知能で改善するベッドマットレス「MOORING(モーリング)」
皆さん、毎晩しっかり眠れていますか?疲れが取れて朝スッキリ目覚めてますか?

人間は人生の3分の1、実に26年間に相当する時間を睡眠に充てているのにも関わらず、僕たちは睡眠に対する質の向上に努めているとは言い難い。

なぜか。睡眠の質を改善するのは面倒だからだ。睡眠管理アプリやウェアラブルを身に付けても結局自分で生活習慣を変えなければ睡眠の質が向上しない。

そんなことは言われなくても分かっているが、面倒なことは面倒だ。テクノロジーで睡眠の質を向上してくれる方法はないのか?!

そこで立ち上がったのはMIRAHOME。眠りの質を改善するべく、人工知能で改善するマットレスパッド「MOORING(モーリング)」を発表し、現在クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」にて資金調達中!公開初日で既に目標額の80%を達成している!

一足先に「MOORING」を体験させてもらうことができたので、僕らの睡眠の質を向上させるための驚くべき仕組みについて紹介する!

温度で睡眠サイクルをコントロールし、睡眠の質を向上

「MOORING」は人工知能マットレスパッド。ベッドのマットレスとシーツの間に入れて使用することが想定されている。

どのように睡眠の質をコントロールするのか。「MOORING」は睡眠周期と身体の反応に合わせて1分ごとにマットレスパッドの温度を調節し、常に身体が最も快適だと感じる温度になる

実は睡眠の質と温度には深い関係がある。

MIRAHOMEは50,000人の睡眠データを研究し、睡眠時の温度環境が自分の適温と3度以上の高低差がある場合、睡眠の質が20%も低下することを発見。このバランスを調整するために、僕らが寝ている最中に身体は寝返りを打ったり布団を蹴飛ばすなどして体温を調整しているのだ。

つまり、ここに改善の余地があるのだ!

深い眠りの時は人間の体温は下がり、起床時には体温が上がる。浅い睡眠から深い睡眠に早く切り替わることによって睡眠の質が向上するため、その深い眠りにシフトしやすくするために体温の変化を事細かに調整。寝ている人が良質の睡眠を取れるように最適な温度を提供してくれるのだ。

睡眠の質と温度の関係
また、起きる時も無理やり叩き起こされるも自然と目が覚めた方が気持ち良い。これを実現するために「MOORING」は体温の上昇に合わせて温度を調整。アプリから設定可能なアラームも用意され、枕元の優しい振動でスッキリとした目覚めをサポートしてくれる。

では、この「MOORING」、一体どのような仕組みになっているのか。赤外線カメラ「FLIR ONE」を利用して見てみるとこのようになっていることが分かる。
睡眠の質を人工知能で改善するベッドマットレス「MOORING(モーリング)」
ダブルサイズ以上の「MOORING」であれば左右別に温度管理をすることができ、パーソナライズすることが可能。先程紹介したアラーム機能も別々に設定できるので、爆音のスマホアラームでパートナーを苛立たせることなく、ベストなタイミングで起床することができる。

体温の調整も全身で温度調整するのではなく、身長を認識し、上半身胴体・腰回り・脚という3箇所でそれぞれ適温になる仕組み。例えば脚が冷えがちな人はそれを自動的に認識し、脚の温度を高めに設定してくれる。さすが人工知能
Temperature settings
それだけではない。決まった時間に寝ることが学習できるとその人がベッドに入る前からベッドを温めてくれるという。最高かよ。

放射性もなく、人体への影響の心配も不要!体温調整に対してより神経質になりがちな妊婦さんや赤ちゃんでも安心して利用できるのは嬉しい。

睡眠の状態はすべて専用アプリで管理。これがまた本当によくできていて、自分の睡眠をスコアで表示してくれる。
睡眠の質を人工知能で改善するベッドマットレス「MOORING(モーリング)」
深い睡眠時間や浅い睡眠時間を出してくれるウェアラブルやアプリは多いが、「結局僕の睡眠ってどうなの?!」という疑問に答えてくれない。よって、スコア化してくれるのは非常に分かりやすい。

さらに、「MOORING」は心拍数や呼吸、体動などの健康状態を測定できる他、寝室環境(室内温度、湿度、光度、騒音)も測定することが可能。寝室における睡眠の質に関わるあらゆる要因を測定し、可視化してくれるのだ。
睡眠の質を人工知能で改善するベッドマットレス「MOORING(モーリング)」
本来であれば絶対に知ることができない寝ている最中の心拍や呼吸の異常を知ることができるのは非常に重要なこと。睡眠の質だけではなく、健康管理のサポートにも役立つ。

リモコンも非常にシンプルで洗練されたデザインが特徴。iPodのように円形部分を回転させることによって温度を手動で調整することができる。
睡眠の質を人工知能で改善するベッドマットレス「MOORING(モーリング)」
マットレスとリモコンはこのようなコードで接続する仕組み。マットレス本体は洗うことはできないが、人が利用していないことを検知し、自ら乾燥させる機能を搭載。さすが人工知能
睡眠の質を人工知能で改善するベッドマットレス「MOORING(モーリング)」

睡眠の可視化だけではなく、睡眠の質を改善してくれる



睡眠の質を向上したくないと思っている人はいないだろう。誰だって快適な睡眠を取りたい。

これまではウェアラブルやアプリなどによって睡眠を可視化することは出来たものの、改善することはユーザー自身に託されていた。託されたところで、僕らは何もできない。どうすればいいか分からないから。そして面倒だから。

「MOORING(モーリング)」はその「睡眠の質を向上するためにどうすればいいのか」を代わりに考えて改善してくれる。面倒くさがりな現代人はわざわざ自分で改善するほど意識は高くない。だからこそ、「MOORING」は多くの人の睡眠に役立つだろう。

「MOORING」は寝るだけで睡眠の質を改善してくれるマットレスパッドだ。初期設定を済ませれば後は寝るだけ。まさに未来だ。欲しすぎる。

クラウドファンディングにおける価格は最安値が35%オフとなっていて、シングルが27,800円、ダブルが29,800円。国内のクラウドファンディングサイトなので、安心して支援できるはず!気になる人は下記からどうぞ!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. 15インチ型「MacBook Pro」の動画編集性能を2016/2015モデルで比較ーーFinal CutとPremiere Pro
  3. 【レビュー】実際どう?超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(2/3)【Sponsored by Sony】
  4. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール4日目の特選品
  5. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!