KIKI NATURAL ICECREAM:フードロスから生まれたオーガニックアイス

青果ミコト屋「Micotoya House」が手掛けた、ロスになるものを生かしたロスにならないアイスクリーム

Mikotoya Ice Cream Crowd Funding 15

店舗を持たないスタイルの八百屋を10年間営んできた青果ミコト屋が2月27日、横浜市青葉区に実店舗「Micotoya House」をプレオープンした。敷地内には、アイスクリーム店「KIKI NATURAL ICECREAM」が併設されてる。

KIKI NATURAL ICECREAMのアイスクリームは、八百屋の宿命である野菜や果物の売れ残り、規格外ゆえに出荷もされず畑に放置される野菜を活用。そのままでは廃棄となってしまう素材を利用したアイスクリームを提供している。

八百屋が手掛ける、ロスになるものを生かしたアイスクリーム。気になって仕方がなかったので、プレオープン初日に行ってきた。

自然栽培のものが中心とした野菜を豊富に取り揃える”街の八百屋”

プレオープン初日のMicotoya Houseは大盛況。多くの人で賑わっており、アイスクリームだけではなく八百屋ならではの新鮮な野菜を買っている人が多く見受けられた。

青果ミコト屋が取り扱う野菜は、肥料・農薬を使用しない自然栽培のものが中心。スーパーによっては有機栽培(オーガニック)を取り扱っているところは増えてきたが、自然栽培は極めて稀だろう。身体への影響云々を何も気にすることなく、むしゃむしゃ頬張れる野菜が販売されているだけでも通いたくなる。
Mikotoya Ice Cream Crowd Funding 01

野菜はどれも巨大だった。大根に至っては、僕の娘たちの足よりも立派だった。
Mikotoya Ice Cream Crowd Funding 02

我が家も大量に購入。巨大な紅はるかをはじめ、数点購入した。
Mikotoya Ice Cream Crowd Funding 03

Micotoya Houseでは、できる限りのパッケージフリーと量り売り、ごみをゼロにする「ゼロウェイスト」を目指しており、野菜の包装紙はすべてプラスチックフリーだ。
Mikotoya Ice Cream Crowd Funding 10

KIKI NATURAL ICECREAMの美味しいアイスを通じて地球を救う

なぜ青果ミコト屋は、アイスクリームを手掛けているのか。

Mikotoya Ice Cream Crowd Funding 13
我が家が購入したアイスクリームたち

アイスクリームは製造から冷凍されたままの状態になるため、賞味期限を儲ける義務がないという。限りなくロスになりづらい商品だ。しかし八百屋にはロスはつきもの。食材の廃棄だけではなく、畑からから届くまでに費やされた、労力、時間、コストをすべてがロスになる

さらに日本の厳しい出荷規格ゆえに、形、色、重さなどが基準に満たず、「規格外」として廃棄される野菜もある。その量は、年間150万〜200万トンとも言われている。

青果ミコト屋は、アイスクリームにすればロスや規格外を廃棄せずに利用できることに気付き、八百屋にアイスクリーム工房を併設するに至ったそうだ。

KIKI NATURAL ICECREAMの価格

KIKI NATURAL ICECREAMの価格は、1スクープが480円、2スクープが700円、3スクープが880円。キッズスクープは250円、グルテンフリーかつヴィーガンの自家製コーンは100円だ。
Mikotoya Ice Cream Crowd Funding 09

アイスクリームのフレーバー(メニュー)

アイスクリームのフレーバーは、「酒粕と日本酒」「カカオマスとカカオニブ」「赤ワインの絞りかす」「いちごみるく・チョコチップ」「ごぼう」「ほおずきミク」「ハニーローズ」「月桂樹とオリーブオイル」の8種類が用意されていた。すべてロスになるもので作られているとは思えないほど、多種多様なメニューだ。

Mikotoya Ice Cream Crowd Funding 05
「酒粕と日本酒」と「カカオマスとカカオニブ」

Mikotoya Ice Cream Crowd Funding 06
「赤ワインの絞りかす」と「いちごみるく・チョコチップ」

Mikotoya Ice Cream Crowd Funding 07
「ごぼう」と「ほおずきミルク」

Mikotoya Ice Cream Crowd Funding 08
「ハニーローズ」「月桂樹とオリーブオイル」

我が家が購入したのは、「ごぼう」「いちごみるく・チョコチップ」「酒粕と日本酒」「ほおずきミルク」の4種類。
Mikotoya Ice Cream Crowd Funding 11

「いちごみるく・チョコチップ」は老若男女問わず喜ばれる味。シンプルに美味しかった。珍しいフレーバーにチャレンジする勇気がなければ、いちごみるくを選んでおけば間違いないだろう。「ほおずきミルク」は南国のフルーツのような独特の味で、さっぱりな味わい。マンゴーに似ていた。いちごみるくとの組み合わせも良かった。

「ごぼう」は完全にごぼうだったが、苦味がない”甘いごぼう”を食べているような気分だった。僕なら自分では買わないが、妻は「次回も食べたい」と気に入った様子。「ごぼうの香りが鼻からふわっと抜けて、完全にごぼうなんだけど嫌な泥臭さみたいなのはない」と熱く語っている。

「酒粕と日本酒」は、今回食べたメニューの中で予想外の美味しさだった。チーズケーキのような濃厚さがあり、大人に人気がありそうだ。
Mikotoya Ice Cream Crowd Funding 12

環境問題は、多くの人が想像しているよりもずっと深刻だが、人間が行動を変えるのはそう簡単なことではない。青果ミコト屋は、アイスや野菜を通じてフーロドスや気候変動などについて、「美味しく、カジュアルに、気負うことなく、伝えられる」としている。

僕たちが伝えていきたいのは、自然栽培のことや種採りのこと、フードロスのことだったり、世界を揺るがす気候変動のことだったり、美しい地球が根底から危機にあることだったり。

ですが、それを野菜を通じて伝えると、ちょっと堅苦しくなったり、説教じみて聞こえたりすることもあるのです。

それがアイスを食べることの延長線上にあることで、美味しく、カジュアルに、気負うことなく、伝えられるのではと考えています。

美味しいアイスを食べているだけなのに、地球にちょっといいことをしている。それぐらい無意識にできるエコ活動のほうが、かえって地球に効果があるかもしれない。

Mikotoya Ice Cream Crowd Funding 17
HAVE A NICE DAY

関連キーワード
公開情報
更新日2021年03月01日
コメント(3件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:597694)
    コメント先:g.O.R.i(コメントID:597669)
    そうです、1玉がワンスクープです!本当はどっちもダブルだったんですが、買って3秒で落として(いや本当にガチで3秒、数歩歩いて落としました)、それを見兼ねた店員さんが追加で同じものをご用意していただいたので、本来はダブルスクープカップ×2でしたwいやぁ大勢のお客さんの前で落とすのは恥ずかしかった……ミコト屋さんもご新設にありがとうございました!

    それは災難でしたね😂
    店員さんのホスピタリティ❗️

  2. g.O.R.i(コメントID:597669)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:597649)
    美味しそう! カップにひと玉?が1スクープですか?

    そうです、1玉がワンスクープです!本当はどっちもダブルだったんですが、買って3秒で落として(いや本当にガチで3秒、数歩歩いて落としました)、それを見兼ねた店員さんが追加で同じものをご用意していただいたので、本来はダブルスクープカップ×2でしたwいやぁ大勢のお客さんの前で落とすのは恥ずかしかった……ミコト屋さんもご新設にありがとうございました!

  3. 通りすがりの読者(コメントID:597649)

    美味しそう!
    カップにひと玉?が1スクープですか?

「スイーツ」新着記事
トレンド検索