初夢は「1月1日から1月2日にかけて見る夢」を意味する

寝ているミニチュアダックス

(※ 2015年1月1日に公開された記事を編集したものです。)

新年を迎え、ひとしきり騒いだあとに「良い初夢が見られますように」と思って眠りにつく。朝起きて、初夢を見ることができていないことに気付き、ガッカリした人もいるのではないだろうか。

皆さん、ご安心下さい。僕を筆頭に間違えて覚えている人が多いのだが、初夢は大晦日から元旦に掛けて見る夢ではない。実は、初夢とは「1月1日から1月2日にかけて見る夢」を意味するのだ!

「1日から2日の夜」または「2日から3日の夜」

「そんなバカな」「信じられない」「知らなかった」など驚きの声が聞こえてきそうだが、僕もこれを知った時は衝撃の事実だった。イラストで解説した画像が話題になっていたので紹介しておく!


Wikipediaによると、現代では「1日から2日の夜」または「2日から3日の夜」に見る夢を「初夢」と定義しているとのこと。理由がなんとも単純で、大晦日から元旦にかけて人々が眠らない風習があったことから、最近では1日から2日に見る夢を「初夢」と定義付ける人が多いようだ。

1日から2日に見る夢という定義は分かるが、2日から3日に見る夢を「初夢」と定義するのは不思議だ。この由来については定かではないが、書き初めや初売りなど新年の行事が2日に行われることが起因しているのではないかと言われている。江戸時代後期ではこの「2日から3日にかけて見る夢」を「初夢」とする考えが主流だったそうだ!

他にも「大晦日から元旦に掛けて見る夢」が「初夢」ではない理由として、下記のように解説している人もいた。



1日の始まりは日の出。なるほど。

今朝起きて「初夢を見ていない!」と焦った人も、大丈夫!本日寝て良い夢見ましょう!

それでも見れなかった人もご安心を!「僕は江戸時代風の定義だ!」と言い張り、2日の夜も再度挑戦しましょう!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告