ソフトバンク、1GBのデータプランを発表するも、ワイモバイルの1GBデータプラン方が全然お得

Ymobile softbank
本日、ソフトバンクが通信量1GBを月額2,900円から利用できる「データ定額パック・小容量」発表した。2016年4月以降に導入を予定し、「スマ放題ライト」と組み合わせることによって最安で月額4,900円から利用できるという内容だ。

「とりあえずスマホを持っている」というスマートフォンユーザー向けに導入されるこのプラン。冷静に考えて通信量1GBと通話し放題で月額4,900円、割高に感じるのは僕だけだろうか。

プレスリリースにワイモバイルに似たプラン「スマホプランS」が紹介されていたのだが、これはなんと月額2,980円1GBの通信量で十分なのであればワイモバイルで良いのではないかと思い、少し調べてみることにした。

ワイモバイル、ソフトバンクと同じエリアを利用可能

今回ソフトバンクから発表された「データ定額パック・小容量」とワイモバイルの「スマホプランS」を比較してみることに。

キャリア / プラン名データ通信量通話料金月額料金
ソフトバンク
データ定額パック・小容量」+「スマ放題ライト
1GB5分以内:無料(回数制限なし)
5分超過分:20円/30秒
4,900円
ワイモバイル
スマホプランS
1GB10分以内:月300回まで無料
10分超過、301回目以降:20円/30秒
2,980円

同じ通信量で唯一の違いは通話料金。確かにソフトバンクは5分以内であれば無料で電話し放題だが、ワイモバイルも10分の通話であれば月に300回までは無料となる。最近ではLINEやFacebookの通話機能の方が圧倒的に利用頻度が高く、少なくとも僕は10分以上電話することも無ければ、月に300回も電話することもない。

上記表に無い要素があるとすればカバーエリア。ソフトバンクの方が電波の入る場所が多いと思ったら大間違い。なぜなら、ワイモバイルはソフトバンクグループだからだ。ソフトバンクと同じエリアをワイモバイルは利用可能なのだ。

よって、今回の結論としてはソフトバンク回線で「データ定額パック・小容量」を契約するぐらいならMNPしてワイモバイルで契約した方が良さそうだ。

偶然にも同じ主張をしていため~んずスタジオのアスカさんによると、ワイモバイルはSIM単体の購入もできるとのこと。「とりあえず持っている」スマートフォンがSIMフリー端末である場合、SIMだけ契約できるのは勝手が良い。

ちなみに、ドコモとauからの乗り換えであればデータ容量が2倍になるキャンペーンが実施されている。1GBなら2GBまで利用でき、価格は2,980円。ソフトバンクよりも遥かにお得だ。

  1. Rare-Pokemons-Area-in-Tokyo.jpg
    【ポケモンGO】レアポケモンが頻繁に出現する東京の「ポケモンの巣」
  2. iPhone-7-Plus-Pro.jpg
    「iPhone 7」、発表は9月6日、事前予約受付開始は9月9日から?!
  3. cp-ranking-powerup-or-evolve
    【ポケモンGO】CPの最大値による最強ポケモンランキングが公開!ポケモンを強化・進化させる方法
  4. pokevision-on-mac-browser.png
    【ポケモンGO】近くにるポケモンを探す方法ーー出現位置をマップで表示
  5. pokemon-go-app-pokewhere.jpg
    【ポケモンGO】周辺にいるポケモンが発見できるアプリ「PokeWhere」
Ymobile-softbank.jpg

gori.meの最新情報をチェック!!