SlideShare、サービスを完全無料化したことを発表

Slide share is completely free
プレゼンなどで使用されたスライド資料を共有するサービス「SlideShare」。IT業界では多くの人が過去に制作したプレゼン資料を公開していることが多い。オススメの使い方などについては以下のnanapiの記事まとめをどうぞ。


実はプロ向けソーシャルネットワーク「LinkedIn」の傘下であることは意外と知られていないが、そのSlideShareが本日サービスを完全無料化したことを発表した!

現地時間8月20日を持って月額サービスは提供終了

SlideShareは2012年にLinkedInに1億1900万ドルで買収された。無料アカウントの他、2010年からアクセス解析や動画や非公開スライドのアップロードなどの機能を含むプロ向け月額サービスも提供していたが、現地時間2014年8月20日に提供終了すると発表。これらの機能は今後SlideShareアカウントを保有する人であれば誰でも利用できるようになる。

Slide share is completely free
LinkedInによると、SlideShareは9月以降、毎月新機能を発表すると宣言。最初に取り掛かるのは公開したスライドのアクセス解析機能。スライドを閲覧したユーザーがSlideShare内から来たのか、検索経由で来たのか、それともどこかのメディアに埋め込まれて読まれたかなど、細く流入元を調べることができるようだ。

Slideshare analytics 【img via TechCrunch

SlideShareのユーザー数は現在6,000万人いるとのこと。

(via TechCrunch

オススメ
slide-share-is-completely-free.png

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. iPhone-6s-In-Depth-Review-15.jpg
    「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合、製造工程に問題があったと判明
  2. Pakutaso-Beer-Sake-Girl.jpg
    お酒のカロリーと糖質ランキングが公開!ハイボールは優秀、ビールはNG
  3. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法