Apple、Dialog Semiconductorと技術ライセンス契約を締結

Dialog Semiconductor

AppleがDialog Semiconductorとパワーマネジメントに関する技術ライセンス契約を締結したことを発表した。

Dialog Semiconductorの16%にあたる300名の研究開発人員がAppleに移動し、パワーマネジメント技術に関するライセンス料として合計6億ドル支払うことに合意したという。

Appleのハードウェア技術部門担当シニアヴァイスプレジデントJohny Srouji氏はハードウェア技術部門担当シニアヴァイスプレジデントJohny Srouji氏はTechCrunchに対し、「Dialogはチップ開発に高い専門性を持ち、長年Apple製品をサポートしてきた才能のある技術者をAppleとして迎え入れることを嬉しく思います。AppleとDialogの関係は初期のiPhoneから始まり、今後も関係を続けられることを楽しみにしています」とコメントしている。

(via MacRumors