Apple、電気自動車スタートアップCanooと協議するも合意に至らず

Canooは出資を希望していたがAppleの思惑と一致せず、話し合いは決裂した模様

Canoo in talks wi th apple

Canooより

Appleは2020年初頭、米国カリフォルニアを拠点とする電気自動車スタートアップCanooと協議していたことが明らかになった。The Vergeによると両社は出資から買収まで協議したが、合意に至らなかったという。

AppleはCanooの特徴である、「Skateboard」構造に高い関心を示したとされている。名前の通り、多くの電子部品をスケートボード型の土台に配置することで、キャビンスペースを自由にカスタマイズ可能。従来の自動車とは一線を画す、まるで家の一室のような自由度の高い空間になる。
Canoo skateboard architechture
Canooより

ステアリングホイールと転舵輪の間に機械的な結合を持たない「ステア・バイ・ワイヤシステム」(SBWS)もCanooの魅力の1つだ。
Steer by wire
Canooより

CanooはHennessy Capital Acquisition Corp. IVと統合。商業用の電気自動車や消費者向けバンの開発を目指している。Appleは3月までにHyundaiとパートナーシップ契約を締結すると報じられているが、Canooは昨年2月にHyundaiと電気自動車の共同開発を発表している。

関連情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索