Apple、商品の返品期間を2022年1月20日まで延長

ホリデーシーズン恒例の対応、例年より約2週間前倒しの理由は納期遅れへの対策か

Return policy holiday version apple

返品・返金 – ショッピングのサポート」よりキャプチャ

Appleが、Apple StoreおよびApple公式サイト購入した商品の返品期間を延長した。通常は購入後14日以内は返品を受け付けるが、2021年11月1日から2022年1月6日の期間中に受け取った商品は、2022年1月20日まで返品を受け付ける

例年はホリデーシーズンに向けて11月半ばより返品期間を延長するが、今年は開始時期を前倒し。半導体不足の影響で各製品の納期が伸びているため、早めに開始した可能性がある。

iPhone 13シリーズ、iPad mini 6、14インチ/16インチMacBook Pro(2021)などの新製品も、返品期間が延長されている。この機会を活かし、製品をじっくり試した上で使い続けるかを決めてもらいたい。

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索