Appleの研究開発施設、横浜に建設されることが正式に発表

Apple Store Omotesando Grand Open

来年にはAppleが研究開発を行う巨大な施設が横浜に誕生するようだ!

NHKニュースによると、本日、Appleが研究開発施設を横浜に建設することが横浜市による記者会見で正式に発表された!

今年度中に着工し、平成28年度中に完成する予定

記者会見の内容によると、Appleは既にパナソニックの工場跡地の一部を購入済み。施設の着工は今年中に行い、平成28年度中の完成を目指していると伝えられている。

アップルは横浜市港北区綱島東にあるパナソニックの工場跡地の一部をすでに購入していて今後、延べ床面積がおよそ2万5000平方メートルの大規模な技術開発施設を建設する予定だということです。

via アップルの技術開発施設 横浜の工場跡地に NHKニュース

工場跡地はAppleの研究施設以外にも100戸建てのマンション複合商業施設が建設される予定。最先端技術の開発だけではなく省エネや環境対策も進められ、人のためにも環境のためにもなる区域になるようだ。

ただし、この研究開発施設でAppleが何を研究開発するのかは未だに不明。日本国内にあえて開発拠点を作ることから、日本政府やメーカー、日本人の考え方やライフスタイルにマッチした次なる技術が生まれることに期待したい。

NHKニュース

FOLLOW / 最新情報を購読