Tim Cook「プロ向けに色々準備している」と発言!新型iMacやMac Proは?

WWDC Tim Cook

Apple本社で開催された株主総会にて、Tim Cook氏によるとAppleはプロユーザーをしっかりと意識しているとのことで、「プロ向けに色々準備している」とコメントしていることが明らかになった。特に「クリエイティブ領域はAppleにとって特に重要」と付け加えている。

この言葉はMac、iPad、「Apple Watch」やその他サービスに向けられた発言ではあるが、「Mac Pro」の新モデルを心待ちにしている人にとってはかすかな希望の光が見えるような、見えないような気がする発言でもある。

「iPadはWindows PCの代わりにはなるがMacの代わりにはならない」

Mac Pro」は2013年12月に発売開始されて以来、1,100日以上もアップデート無し。「Mac mini」も2014年10月にアップデートされて以来、音沙汰無し。

新モデルが最も発表されそうなのはiMac。最後にアップデートされたのは2015年10月となっていて、500日以上経っている。次期モデルはUSB-Cポートを用意し、AMD製の新しいグラフィックチップが搭載される噂されていた。早ければ今年3月に発表されるという噂もあるが、過度な期待は避けた方が良さそうだ。

株主総会ではMacとiPadを融合させ、タッチディスプレイ搭載のMacを提供しないのかという質問が寄せられた。Cook氏は「今後の製品計画についてはコメントを避けたい」と前置きしつつ、iPadとMacは異なる目的を持つデバイスであると認識していると返答したそうだ。

「Windows PCの代わりになるような機能は今後も充実させていく予定ではあるが、Macの代わりになることはないーーMacはより多くのことができるから」とし、「(iPadとMacを統合した場合、)片方のシンプルさを失い、もう片方のパワーを失うことになる」とコメントしている。

最近はWindows PCユーザーを狙った「iPad Pro」のテレビCMを公開しているApple。今回報じられた発言から、次期「iPad Pro」はなかなか期待できるのかも?

そして、何よりも今年はMacラインナップが充実することを期待したい!

(via MacRumors