「WWDC 2019」の会場準備が着々と進められている模様

McEnery Convention Centerの外壁には「Dub Dub」と書かれたネオンライトが出現

WWDC19 Neon Lights getting ready

【image via @Avery_Vine

日本時間6月4日午前2時から基調講演とともにスタートを切る「WWDC 2019」の会場準備が着々と進められているようだ。

開催場所はカリフォルニア州サンノゼにある「McEnery Convention Center(マッケナリー·コンベンションセンター)」。Twitterには現在の様子の写真や動画が投稿されていたので、紹介する!

「Dub Dub」と書かれたネオンライトが出現

街中には「WWDC19」と書かれたバナーが飾られ、会場外壁には中央に「Dub Dub」と書かれた、招待状と同じデザインのネオンライトが出現し、現地では1年に1回のApple開発者カンファレンス開催に向けて熱気が高まっているようだ。

WWDC 2019」は基調講演が注目されがちではあるが、その後6月7日(金)までデベロッパー向けセミナーが開催される。基調講演で発表された次期OSで提供される新機能などに関する詳細について、デベロッパーは学ぶことができる場なのだ。

「WWDC」新着記事
トレンド検索