Siri対応の据え置き型スピーカー「HomePod」、正式発表!日本発売は未定

Homepod standing black

Appleは6月6日、「WWDC 2017」にてSiriと連携する据え置き型スピーカー「HomePod」を正式に発表した。12月にアメリカ、イギリス、オーストラリアで発売開始される予定。日本における発売時期は明らかになっていない。

「A8」チップが内蔵され、7基のツイーターと4インチのウーファーを搭載。空間を認識することができ、設置場所から最適な音響設定を自動的に調整する機能が備わっている。

Homepod white shelf

iPhoneなどのSiriでは正しく聞き取ってもらえないことが不満として挙げられるが、「HomePod」の場合は6つのマイクを搭載し、部屋の反対側にいても、音楽が掛かっていても、聞き取ることができるという。

噂通りSiriに対応し、話しかけることによって天気や交通情報、ポッドキャスト、リマインダー、最新のニュースなどを知ることができる。また、「Apple Music」と深く連携しているため、再生中の音楽に関する詳細情報を確認することができる。

Homepod siri interact

また、「HomeKit」のハブとしても活用することができ、「HomeKit」対応製品の司令塔として電気のオン・オフやブランドの開け閉めなどが可能。

セットアップも簡単となっていて、「AirPods」と同様に「HomePod」の近くにiPhoneを近づけると自動的に認識し、ペアリングできる。

カラーはホワイトとスペースグレイの2色展開。価格は349ドル。

もっと読むHomePodまとめ
もっと読むWWDC 2017まとめ
Apple新学期を始めようキャンペーン