Apple、「WWDC 2018」の基調講演をライブ中継することを発表

WWDC2018 live

Appleは5月23日、公式サイトを更新し、WWDC 2018」の基調講演をライブ中継する専用ページを公開し、当日はキーノートをリアルタイムで視聴することができることが明らかになった!

基調講演は現地時間6月4日午前10時から(日本時間6月5日午前2時から)開始される。ライブ中継を閲覧するための条件は以下の通り:

This stream is best experienced on an iPhone, iPad, or iPod touch using Safari on iOS 10 or later; a Mac using Safari on macOS Sierra 10.12 or later; or a PC using Windows 10 and Microsoft Edge. Streaming to Apple TV via AirPlay requires an Apple TV (2nd generation or later) with the latest Apple TV software or tvOS. Other platforms may also be able to access the stream using recent versions of Chrome or Firefox (MSE, H.264, and AAC required).

via Apple Events – WWDC Keynote, June 2018 – Apple

ChromeやFirefoxでライブ中継を視聴することが可能に

今回のライブ中継を最も快適に閲覧するためには、iPhone、iPad、iPod touchの場合は「iOS 10」以上のSafari、Macの場合は「macOS Sierra 10.12」以上が動作するマシーンのSafari、「Apple TV」の場合は第2世代以降のモデルで最新のApple TV SoftwareまたはtvOSが動作していることを条件としている。

Windows機の場合は「Windows 10」以上で「Microsoft Edge」に限定される。

なお、今年からは視聴条件が緩和され、MSE、H.264、AACの用意があればChromeまたはFirefoxでも視聴可能であることが明らかになった。

開催場所は昨年に引き続き、San Joseに建設されたApple新本社の近くにある「McEnery Convention Center」。例年通りの内容であれば「iOS 12」「macOS 10.14」を始めとしたiOS・macOS・watchOS・tvOSの次期バージョンを披露すると予想される。

13インチ型「MacBook」新型「iPad Pro」など、新しいハードウェア登場に関する噂もあるが、例年に比べてリーク情報は少なく、当日何が発表されるかはよく分かっていない。

gori.meでは最新情報をFacebookページ(@gorime)、Twitterアカウント(@planetofgori/@gori_me)に加え、プッシュ通知Feedlyで配信中!是非フォローを!
もっと読むWWDC 2018まとめ