2017年顔文字大賞は「それな ( ᐛ )σ」に決定ーーSimejiが発表

This Years Emoji 2017

キーボードアプリ「Simeji」を開発するバイドゥから「今年の顔文字大賞 2017」が発表され、本年は「それな ( ᐛ )σ」に決定したことが明らかになった。

この顔文字はSNSを中心に拡大し、「いいね」や返信スタンプの代用としても使用され、ハッシュタグにもなった今ドキの若者コミュニケーション事情を表していることを理由として、大賞に選ばれた。

「それな」という言葉自体は、2015年頃から女子高生の間で日常的に多用されるように。SNSなどのスマホでのコミュニケーションが日常化する若者たちにとっては、常套句として使われている。元々は関西圏の話言葉として使用され、相手の言ったことに対して「それ私も同感」という共感や同意を意味していた。

若者同士では、SNS相手の投稿に対して、「いいね」と肯定しておきたい場合や、LINEなどのトークを終わらせる際の返信スタンプの代用として活用されているとのこと。また、Instagramでは「#それな」を入れた投稿が増え、自分の投稿に対して相槌を入れるような使い方もされているとのこと。

2016年顔文字大賞は「(☝ ՞ਊ ՞)☝ウェーイ」、2015年顔文字大賞は「真顔( ˙-˙ )」、2014年顔文字大賞は「( ᐛ👐)パァ」だった。

関連記事